妊娠10か月頃~お産に備えて入院の準備。陣痛や破水に備える

妊娠10か月(36~39週)になると、いよいよいつ産まれても大丈夫な時期に入ってきます。お母さんは、いつ産まれるか毎日ドキドキ…という感じかと思います。

この頃の赤ちゃんは身長48~50cm、体重は36週で約2500g、産まれる直前は、約2800~3200gです。全身に皮下脂肪がつき、ふっくらと赤ちゃんらしい体型になってきています。産まれてからすぐにおっぱいが吸えるように、口の周囲の筋肉や歯茎も発達しています。内臓や神経系も動き始めて、もういつ産まれてもOKです。

この時期になると、赤ちゃんはお産に備えて、段々と骨盤内に下がってきます。それに伴い、それまで圧迫されていた胃などが急に楽になり、食欲が出てきます。しかし食べ過ぎは禁物です。

それとは反対に、膀胱はますます圧迫され、人によっては膀胱炎のような残尿感がある方もいらっしゃいます。

そろそろお産に備えて、入院の準備をしておきましょう。お産の前の「おしるし」は突然やってきます。また、破水も人それぞれで、ちょろちょろ破水する方もいれば、いきなりどばっと破水する方もいらっしゃいます。とにかく、何があっても慌てない、慌てないです。

お産の時の「陣痛」の特徴

お産の時の「陣痛」の特徴は、痛みが間隔的であるという事です。「生理前の下腹部痛みたいな痛みがずっと続く」程度なら、それは「前駆陣痛」かも知れません。「前駆陣痛」とは、陣痛が始まる前の練習の痛み…と覚えておくといいかも知れません。まあ、正直前駆陣痛はそんなに痛くないんですけどね…(笑)

陣痛は、とにかく「規則的に痛みがくる」のです。痛みや張りの感覚が。10~15分間隔になってきて、徐々に短くなってくるようなら、それは陣痛の始まりかも知れません。初産の人は10分間隔、2人目以降の人は15分間隔になってきたら、産院に連絡して下さい。

逆に、痛みの感覚が長い場合は、産院に行っても「もっと短くなってから来て下さい」と自宅に帰されることもあります。心配かとは思いますが、痛みの感覚が短いまま入院となっても、料金もかかりますしね…それに、痛みの感覚が長い間は、そんなに焦らなくても大丈夫なことが多いです。

「おしるし」といって、陣痛が始まる前に軽く出血する場合がありますが、この場合も焦らなくても大丈夫です。

ただ、「破水」した時はすぐに病院に連絡して下さい。破水から48時間後に分娩を終了しておくのが理想なので、破水の場合は迅速な行動が必要なのです。

■関連記事

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓