妊娠9か月頃~お母さんは結構大変な時期

マタニティライフも終盤の、妊娠9か月(妊娠32~35週)に入ると、お腹がどんどん大きくなって、今まで以上にトラブルが起こりやすくなります。

お腹の赤ちゃんは、身長約45cm、体重は32週で約1800g、34週で2200gとどんどん大きくなってきます。

皮下脂肪が増えて体つきがふっくらとしてきます。また、皮膚も肌色になり張りが出てきます。肺の機能もほぼ完成し、羊水を飲んで尿を出す機能も整ってきます。また、外からの刺激に対して、快・不快を表すような動きもみられる事があります。もうすっかり人間らしくなってくるのですね。

赤ちゃんの健やかな成長とは対照的に、お母さんは結構大変な時期

しかし、赤ちゃんの健やかな成長とは対照的に、お母さんは結構大変な時期でもあるのです。子宮底はみぞおちの辺りまで上がってくるので、胸やけや胃もたれなどの不快症状が出てきて、一度にたくさん食べられなくなります。あまりの胃の不快感に、吐いてしまう方もいらっしゃいます。なので、「妊娠後期のつわり」なんて言われることもあります。

また、色々な臓器が圧迫される為、動悸や息切れなども起こしやすくなります。少し動いただけでも疲れてしまうのです。なので、妊娠後期はあまり一人で遠くに出歩かない方がいいのです。もし何かあったら大変ですからね。

頻尿に悩まされる妊婦さんも増えます

妊娠9か月頃には、頻尿に悩まされる妊婦さんも増えます。まさに私がそうでした。

子宮が大きくなり、また重みもあるため、膀胱が圧迫されるからです。更に、赤ちゃんの動きによっては、膀胱にダイレクトに入ることもあるのです(笑)。今でこそ(笑)なんて書けますが、当時はそれはそれは大変でした。

まずトイレは1時間おきになりました。外出先では、トイレの場所を把握しておくのが優先事項でした。更に、夜中も2~3回はトイレに起きます。挙句の果てに膀胱炎になってしまい、しかも妊娠中の為、服用すればすぐに治る抗生物質は服用出来ず日に日に悪化し、3日間くらい眠れない時期がありました。ずっとトイレにこもりっぱなしで…歩いたら膀胱に激痛が走った為、歩く事も出来ず這って移動していました。見兼ねた主人と義父の勧めで、入院を余儀なくされました。

カテーテルを入れたのですが、もう痛くて痛くて…膀胱に激痛は相変わらずだったので、病院内の移動は出来ず、移動時も車いす使用…退院出来たのは、2週間後でした。出産の時も痛かったですが、あの痛みは生涯の中で一番痛かったです。しかもずっと続きましたし…

私の経験談になって申し訳ありませんが、こんな感じでいつ大変なトラブルに見舞われるのか分からないのが妊娠中です。ある程度の心構えは必要かなと思います。

あまり遠出はしない車の運転も出来るだけ止めておく

妊娠9か月ともなると、マイナートラブルに加えて、「出先で破水した!」「陣痛がいきなり始まった!」というケースもあります。ですので、この時期はあまり遠出はしない、特に一人での遠出は止めておいた方が無難です。

また、車の運転も出来るだけ止めておいた方がいいでしょう。運転中に「急にお腹が張ってきた」「何だか破水してしまったみたい…」というケースもあります。こういう時には、中々平常心は保てないと思います。ましてや、始めてのお産ならなおさらです。そして、交通事故に繋がってしまう…という最悪の場合だってあるんです。

突然の出産の兆候に備えて、病院の連絡先を携帯に登録しておく、母子手帳や保険証は持ち歩く、大きめの生理用ナプキンを携帯しておく(万が一の出血に備えて)など万全を期しておいた方が無難です。

急に太りやすくなってしまう時期でもある

話題は変わりますが、この時期は急に太りやすくなってしまう時期です。というのも、お腹が大きく重くなってくると、ついダラダラと過ごしてしまいがちなのです。動作もゆっくりになりますしね。更に里帰りすると、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。仕方のないことなんですが、太り過ぎは難産の原因にもなります。出来るだけ体を動かしたり、規則正しい生活を送りましょうね。

■関連記事

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓