妊娠初期の母体について~つわりやだるさ、免疫力の低下など気をつけることがたくさん

妊娠初期は、とにかくしんどい時期だとつわりについての記事で書かせて頂きました。HCGの分泌の増加による眠気、だるさ、熱っぽさ、そしてつわり…

つわりは大体、遅くても8週頃から始まり、安定期に入る15週頃には落ち着いてくると言われていますが、人によっては、妊娠中ずっとむかむかしていた…なんて方もいらっしゃいます。

更に妊娠中に困るのが「免疫力の低下」です。妊娠中は免疫力が低下する事が知られています。私も、妊娠初期に風邪をひき、滅多に発熱はしないのに結構高い熱が出ましたし、胃腸炎にもかかってしまいました…しかも結構ひどいウイルスで、薬も飲めないし最悪だったのを覚えています。

妊娠が分かったら極力人ごみには出ない様にされた方がいいと思います。普段は耐えられるウイルスでも、免疫力の低下によって簡単に症状が出てしまう場合があるのです。安定期に入ると、その心配は大分減ってくると言われていますが、それでも無理は禁物なのです。

それに、風邪をひいても薬を飲めないのは辛いですよね。まあ、風邪は薬で治るというものでもないんですが(薬は症状を緩和させるだけ)、それでも症状が辛いのは嫌ですよね。最近は、妊娠中でも服用出来る薬があるので、きちんと医師に申し出て下さいね。

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓