妊娠後期のよくあるトラブル「静脈瘤」の原因と対策

妊娠後期によくあるトラブルに「静脈瘤」があります。

これは、妊娠後期になりお腹が大きく重くなる事によって、下半身の血行を圧迫し、血液の流れが悪くなるのが原因です。その結果、静脈が膨らんでコブのようになったり、蛇みたいなふくらみが現れるのです。足や外陰部、肛門内部にも出来やすく、痛みを伴う場合もあるのです。

静脈瘤は妊婦さんの2~3割にみられるトラブルで、元々の筋力が弱い人、太っている人、長時間立ち仕事をしている人には出来やすい傾向にあります。静脈瘤は、お産がすめば自然に消えるので、妊娠中に特別な治療をすることはありません。

ただ、気を付けたいのが外陰部に静脈瘤が出来た場合です。出産時や排尿時に静脈瘤が破れてしまい、出血する場合があります。こうなると不快ですよね。

静脈瘤を悪化させない為に

静脈瘤を悪化させない為には、きつい下着や服装は着用しない、長時間立ちっぱなしの姿勢でいない、座る時は足を高い位置にするなどを心掛けるといいと思います。

静脈瘤も、予防法はこむら返りと基本的には同じで、下半身の血行をよくする事がいちばんいいと思います。適度な運動をしたり、適度なエクササイズをして筋力を鍛えたりすることも効果的です。また、下半身の冷えも大敵なので冷え対策などをしっかりとして気をつけましょう。

妊娠後期の過ごし方~マイナートラブルに気をつける

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓