妊娠中期の過ごし方【2】~マタニティスイミングなどのスポーツ

安定期に入ると、身体的にも気分的にも安定してくるので、元々活動的な女性は「何かしたい!」とうずうずしてしまうかも知れませんね。私がそうでした。

妊娠を期に、仕事を辞めましたが時間がたくさんあり過ぎて持て余していたのです。しかも、裁縫は大嫌いだし苦手だし(笑)。家の中で何かするという事が、あまり出来ないタイプなので、安定期に入ると同時に、マタニティスイミングに通い始めました。

最初想像していたマタニティスイミングは、ただプールを歩いたり、お産の呼吸法の練習をするだけかと思っていました。でも、実際は全然違いました。勿論、お産の呼吸法や歩いたりもしましたが、後はもうどんどん泳ぐのです!

スイミングの時間は、1時間半とかだったのですが、泳ぐ距離は500~1000mぐらいでした。元々泳ぐのが好きという事もあり、最後の方は足にフィンをつけて泳いでいたので、距離が延びるという結果になったのですが、それでもたくさん泳ぐなーと思われませんか?

勿論、場所によっても違いますが、スイミングはお腹に負担が掛かる事が少ないので、結構運動が出来ます。また、お産でいきむ時の呼吸法も練習しました。私の場合は、いきむのが下手すぎてあまり実践出来ませんでしたが(笑)、それでも全然やらないよりはいいかと思います。

気軽に運動したいならマタニティウォーキングがおすすめ

マタニティスイミング以外にも、マタニティスポーツはたくさんあります。皆さん結構されていらっしゃるのが、ウォーキングです。「マタニティウォーキング」ですね。

家にいるだけじゃ嫌、でも習い事をするのはちょっと…何か体を動かしたい…その様な方はマタニティウォーキングがお勧めです。

いつでも気軽に始められるし、時間に縛られる事もありません。また、そんなに難しい技術もいりません。でも、ただ歩くだけでは勿体ないので、ネットなどで「マタニティウォーキングのやり方」なんかを勉強されながら、トライするのもいいかも知れませんね。

ウォーキングって、ちゃんとすると結構疲れますよね。でも、血行も促進されるし、ストレス解消にもなるしいいことづくめだと思いますよ。

マタニティヨガも人気が高い

後は、産院などで行われている「マタニティヨガ」なども人気ですよね。私はやったことはないのですが、お友達が「やって良かった」と言っていました。また、マタニティヨガを実施している所では、「産後ヨガ」も実施されている所が多いと思います。両方ともされてみるのもいいかも知れませんね。

また、習い事を始めてみるのもいいかも知れません。英会話やピアノ、手芸や料理教室などは、育児中にも役に立つかも知れませんね。

せっかくのマタニティライフ、とことん楽しみたいですよね。

マタニティスポーツをするメリットは他にもあります。それは「適正体重の維持」です。実は、妊娠中の体重管理はとても重要なんです。体重管理については次のページ妊娠中期の過ごし方~体重管理のコツで書いてみようと思います。

■関連記事

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓