妊娠が分かった瞬間~妊娠すると今までと考えや環境ががらっと変わります

※これからの記事は妊娠した場合について書かせて頂きます。不快に思われる方は読み進めないで下さいね。

皆様の、妊娠が分かった瞬間ってどんな感じでしたか?

  • 妊娠検査薬で分かった(フライングも含めて)
  • 基礎体温が下がらなくて分かった
  • 生理が遅れてもしかして…と思った
  • いつもの生理前とは少し違った…

本当に色々な場合があると思います。

私の場合は、今みたいに「妊娠」について全く意識していない時に妊娠しました。基礎体温も付けてはいましたが、仕事が不規則だった為に、体温もバラバラで、いつが低温期なのか高温期なのか分からなかったし、仕事も忙しかったしで…

そんな訳で、自分の生理周期も分からないという、今では考えられない状況でした。ただ、「1か月後くらいに生理になる」という事は分かっていたので、生理が遅れるとかは分かっていました。

妊娠した月は、生理前の下腹部の痛みに加えて、下腹部が引きつるというか、ズキーンという痛みがありました。もう何年も前ですが、よく覚えています。私はてっきり、身体の調子が悪くなったのかと思い、もし自分の体が悪かったら主人に申し訳ないなと思ったので、婦人科を受診したところ、そこで始めて妊娠が発覚したのでした…嬉しいというよりは、びっくりという感じだったのを覚えています。

自分が妊娠していると分かった時は、まず一番に主人に連絡しました。結婚して2か月ぐらいだったのですが、とても喜んでいました。

…でも、もし婦人科に行かなければ、妊娠しているなんて分からなかったと思います。本当に今では考えられませんけどね(笑)それくらい鈍感というか、妊娠よりも仕事やこれからの生活に考えがいってしまってました。

人間の体というのは不思議なもので、妊娠していると分かってからというもの、頭の中は妊娠の事でいっぱいになりました。

「いつつわりがくるのか」
「赤ちゃんは大丈夫なのか」
「食べ物にも気を付けないと…、あ、お酒が飲めない(笑)」

などなど…今まで自分の体だけ心配すれば良かったのに、いきなり2人分の心配をしなければならなくなりました。その時はまだ仕事をしていたので、妊娠の事を上司にだけは伝えて、少し楽な現場に変えて頂きました。とても有難かったです。

こんな感じで、妊娠すると今までとは考えや環境が、がらっと変わります。命を守らなければいけなくなるからです。と同時に、妊娠中は免疫力が落ちるので、自分の健康管理にも気を付けなければならない…けっこう大変な仕事なのです。

不妊治療をされている間も、いつ赤ちゃんが来てくれてもいいように、心の準備はされておいた方が良いと思います。

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓