妊娠後期のよくあるトラブル「妊娠腺」の予防と対策

妊娠中期の最後の方から後期にかけてよくあるトラブルが、「妊娠腺」です。妊娠腺は妊婦さんの実に約8~9割の方に起こる、最も多いトラブルです。

妊娠腺とは、妊娠するときにお腹などが大きくなり、皮膚が伸びた状態が続いたあとに出産して元に戻ったときにできる線です。

妊娠すると急激にお腹や胸が大きくなり、身体全体の皮下脂肪も増えるので、その分皮膚も伸びます。お腹のふくらみに対して最も伸びるのが、皮膚の上の表皮という部分です。表皮の真下に真皮、その下に皮下組織がありますが、真皮と皮下組織は表皮ほど伸縮性がないので、その伸びについていけず亀裂が起こります。これが妊娠腺です。

妊娠腺の出かたは人それぞれですが、一般的に皮膚が固くて厚い人、皮膚がカサカサして弾力性のない人に出来やすく、皮膚の伸びがよい、もち肌の方はなりにくいと言えます。

また、妊娠腺はおなかだけではなく、胸や足の付け根、太もも、お尻、わきの下などにも出来る可能性があるのです。

妊娠腺の予防と対策

妊娠腺を完璧に予防する事は出来ませんが、体重管理をしっかりして急激に体重を増やさない、皮膚の保湿や、妊娠腺専用のクリームでマッサージをするとよいです。

妊娠腺はいったん出来てしまうと、自然には消えませんが、出産すると目立たなくはなります。私も妊娠腺がお腹に出来ました。今でも少しですが痕が残ってしまっています…妊婦さんの宿命かも知れませんね。

妊娠後期の過ごし方~マイナートラブルに気をつける

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓