産婦人科医が減少している理由

現在、産婦人科医が減少しているのをご存知ですか?「この少子化の時代になんで…」と不思議に思われる方も少なくないと思います。

以前に、「妊娠が分かったら、分娩する病院は早目に決めた方がよい」と書かせて頂きましたが、これは、産婦人科医少なくなってきている事が背景にあるんです。

産婦人科医がいっぱいいれば、それだけ分娩出来る病院も増え、病院を選ぶという作業も遅くても済みます。また、多胎妊娠やハイリスク妊婦さんの場合、「周産期病院」といって、お産に備えて万が一の事があった時に、最新の設備で対応出来る病院に通わなければならないこともしばしばです。この「周産期病院」も減ってきているんです。

何故、産婦人科医が減少してきているのかというと、単純に「産婦人科は人気がないから」だと思います。こんな事を書くと、医療従事者の方に怒られそうですが、やはり産婦人科は結構過酷で、お産もいつ始まるか分からないし、妊娠中は何が起こるか分からないし、リスクが高い診療科みたいです。なので、産婦人科を選ぶ医師が少ないのだそうです。

確かにそうかも知れませんが、私たち妊娠を待っている者からすると、何とも心もとない話ですよね…産婦人科医も安心して働ける環境になればよいですよね。

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓