つわりについて~つわりの症状はたくさんあり、原因やメカニズムはわかっていない

妊娠初期はとにかくしんどいです。よく聞かれるのが「つわり」ですよね。よくテレビなんかで、妊娠に気づかない女性が急に気持ち悪くなってトイレに駆け込み、その時になって「もしかして…」と思うというシーンがありますよね。

確かに、つわりで多いのが「吐き気」「嘔吐」だとは思います。私も嘔吐まではいかなくても、吐き気には悩まされました。しかし、つわりはの症状は吐き気だけではありません。実は、つわりの症状は個人差が大きいのです。

つわりの症状は個人差が大きい

吐き気以外のつわりの症状としては、「匂いに敏感になる」「食べないと気持ち悪い」「眠くて眠くてたまらない」「体中に発疹が出る」という症状もあるんですよ。

匂いに敏感になるのが意外につらい

匂いに敏感になるというのは、あまりきつそうではないと思うかも知れませんが、これが結構つらいんです。例えば、ガソリンスタンドの前を通る度に、臭いで気持ち悪くなるとか、お米の匂いがダメになるとか、肉の匂いがダメとか…日常生活を送る上では「匂い」というのはついてまわりますから、結構きついんです。対策は…ないです(笑)とにかく耐えるしかないです。

食べないと気持ち悪くなる「食べづわり」

「食べないと気持ち悪くなる」いわゆる「食べづわり」は、とにかく食べ物が口の中に入っていないと気持ち悪くなるみたいです。私はそうではなかったのですが、友達に食べづわりタイプの方が何人かいました。よくナッツや飴などのちょっとしたお菓子を持ち歩いていました。また、寝る前には、枕元にもおにぎりなんかを用意しておいたそうです。

眠くて眠くて仕方ない「眠りづわり」

つわりの中でも、「眠りづわり」はあまり聞き慣れないと思います。眠りづわりは、その名の通り「眠くて眠くて仕方ない」という状態です。私の親戚で、まさにこの眠りづわりタイプの人がいました。私も若干眠りづわりタイプだったんですが、彼女の場合は、「寝ていないと体がもたない」というレベルでした。

家事も最低限のことしか出来ず、旦那さんには「怠けている」と思われていたそうです。しかし、彼女からしたら本当に辛かったみたいです。起きようと頑張っても、目が自然に閉じてしまうんですって!気持ち悪いというのはなかったみたいなんですが、とにかく眠い。こういったタイプのつわりもあるんです。

つわりというのは、「気持ち悪くて吐く」というのが、イメージとして浸透しているだけに、このタイプのつわりは中々理解されにくいみたいです。それも辛いですよね…

体中に発疹が出るという方も

後は、「体中に発疹が出る」という方もいらっしゃいます。一種の「肌が弱くなってしまう」という感じだと思うのですが、まるでアレルギー症状のように発疹が出てしまうのだそうです。病院に行っても「原因不明」「つわりの一種」と言われるだけだそうです。しかも妊娠中だから薬も飲めませんし…ステロイドも積極的には使用できないはずです。

他にも色々な症状が出る方がいらっしゃいますが、妊娠初期の不快な症状は、つわりと考えていいようです。

つわりの原因やメカニズムはよく分かっていない

つわりのメカニズムはまだよく分かっていないのだそうです。人によって症状が違うのも一つの要因かも知れません。

つわりの原因の一つに、「胎児を異物として認識することからくる反応」という説があります。本来、女性は胎児を異物と認識しないようになっているみたいですが、いざ妊娠すると、身体がその変化についていく事が出来ず、結果気持ち悪くなって嘔吐してしまうというものです。

何となく説得力がある説ですよね。「胎児が異物」だなんて何て酷い…と思われる方もいらっしゃるかもですが、今まで自分の体になかったものですから、異物と間違える部分もあるかも知れません。妊娠4か月を迎える頃には、つわりは大分落ち着いてきますから、身体に馴染んでくるのかも知れませんね。ですが、一人目にはつわりがなかったのに、二人目にはつわりが酷かったという方もいらっしゃいますから、この場合、この説は成り立ちません。

もう一つの説に、黄体ホルモンの影響というものがあります。妊娠が継続すると、黄体ホルモンはどんどん増えていきます。安定期に入る妊娠4か月の終わり頃には落ち着いてきますが、この黄体ホルモンの増加がつわりの始まる時期、終わる時期とかぶっているのです。しかし、これもつわりがある人と全くない人がいたり、一人目と二人目では全く違ったりする事から、この説も成り立たないことになります。

妊娠って本当に不思議ですよね。

吐き気のつわりが辛くて食べられないとき

多くの妊婦さんに多いとされる「吐き気のつわり」ですが、あまりにも食欲が落ちてしまい、体重もガクンと減ってしまう方がいらっしゃいます。あまりにもその症状が酷いと、水分を摂取するのも無理な状態になり、入院が必要になるケースも稀にあるようですが、大抵の場合は「無理をしないで安静にしてね」と言われることがほとんどだと思います。

自分の体が辛いのは勿論ですが、いちばん心配なのは「食べなくて赤ちゃんに栄養が足りなくなったらどうしよう…」という事かも知れません。でも大丈夫です。

妊娠初期は、お腹の赤ちゃんは、お母さんの体にある栄養で十分足りるのだそうです。「頑張って食べなきゃ」と思う必要は一切ないのです。

母体が積極的に栄養を摂取しなければならないのは、胎盤が出来上がる、妊娠14~15週以降です。胎盤が出来る前は、赤ちゃんは受精卵から孵化する事によって分化した、栄養が入っている袋から栄養を吸収しているので、母体は積極的に食べなくてはいけない訳ではないのです。

しかし、栄養を摂るのに越したことはないので、出来る限り栄養バランスを考えて食事を摂るようにしたいですね。

つわりは本当に辛いものです。他の人には中々分からないのですが、出来るだけ協力をしてもらって下さいね。特に旦那さんには、よく理解して頂いた方が、今後の為にも良いと思います。

「めでたく赤ちゃんを妊娠できた後には」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓