不妊治療の病院選び【3】結果が出ない時は病院を変えてみる

もしも体外受精や顕微受精をしても中々結果が出ない時は、病院を変えてみるのも一つの手かも知れません。

体外受精、顕微受精を3回したにも関わらず、一度も妊娠されなかった方が、転院してから1度の移植で妊娠したという話は結構聞かれますよね。

これは、必ずしも今まで通っていた病院が悪かったわけではなく、病院を変える事により、ある意味気持ちがリセットされた結果かも知れませんし、新しい病院のやり方がその人に合っていた結果かも知れません。病院を変えた事による期待もあるでしょう。

転院する事は、何も悪い事ではないと思います。結果が出なかったら、セカンドオピニオンを選択するのは、今は当たり前の時代です。

体外受精、特に顕微受精はやり方によって妊娠率も変わってくる

こと不妊治療に関しては、体外受精、顕微受精、またその培養方法のやり方や技術が、病院によってかなりの差があります。そこから、自分に合った病院を探すのはかなり難しい事かも知れませんが、やはり結果が出ない場合は転院してみるという選択肢もあるかなと思います。

タイミング療法や人工受精は、病院によってそんなに差はありません。せいぜい、どんな薬を使うのか、タイミングを見るのに尿検査か血液検査かという違いくらいです。

しかし、体外受精、特に顕微受精では、そのやり方によって妊娠率も変わってくるんです。ですので、病院の情報集めはとても大切だと思います。

「不妊治療の病院選び」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年6月21日 不妊治療の病院選び【3】結果が出ない時は病院を変えてみる はコメントを受け付けていません。 不妊治療の病院選び