人工受精の流れとタイミング法からのステップアップ

タイミング法を続けても結果が出なければ、人工受精にステップアップします。

人工受精はAIH=配偶者人工受精と略して呼ばれます。

「人工」と現すので何だか自然っぽくない感じがしますが、パートナーの精子をカテーテルで子宮に注入するだけなので、体外受精などと違っていたって自然に近い妊娠方法なんです。

単に女性の勁管粘液という邪魔がないだけです。

人工受精は体への負担も少ない

人工受精は体への負担も少ないんです。

私も人工受精の経験者です。自然に近いと言ってもタイミング法とは勝手が違うし、色々と不安でしたが、いざやってそると「何だ、こ んなものか」というのが本音でした。

痛みは少しありましたが、生理痛のごく軽い感じでしたし、処置そのものも時間も2~5分ぐらい。処置の後は5分ぐらい安静にするのですが(病院によって違います)、それでも10分もあれば人工受精はおしまいです。

帰りも普通に車を運転して帰れます。
人工受精の後は特別に安静にする必要もなく、日常生活に支障はありません。

旦那さんの協力が不可欠

主人に精子を採集してもらうのは少し気が引けましたが…人工受精は大体朝一でしたので、どうしても仕事に行く前に採取してもらわなければいけません。仕事前にそんな気分にならないといけないので、主人も大変だったと思います。

採取した精子は3時間以内に病院に持参しなければいけません。冷やさない様に、温め過ぎない様に大事に運びました。

そして病院で精子の状態を見てもらい、良ければ洗浄のみ、あまり良くなければ洗浄して更に濃縮します(初めから濃縮する病院もあります)。

そして人工受精して終わりです。

人工受精は思うより大した事ない治療なので、緊張しなくても大丈夫ですよ☆

タイミング法と人工授精の回数

タイミング法から人工受精に進む事をステップアップと言います。

タイミング法の目安は大体6か月ぐらい、人工受精の目安も大体6回ぐらいと言われていますが、人工受精に関してはもっとシビアで4回しても妊娠しなければ体外受精を見当するとか、人工受精で妊娠する人は、3回すれば妊娠するとか言われる事もあります。

しかしながら、7回目で妊娠された方もいらっしゃるし、20回近くして妊娠された方もいるのです。

自然妊娠の確率が20%ぐらい、人工受精の妊娠率は5~10%ぐらいです。しかし、適応(人工授精へのステップアップの条件)に当てはまる方は人工受精はやってみる価値はあると思います。

6回という数字がどこから来たかというと、恐らく自然妊娠の確率に合わせているのかなと思います。

妊娠確率が20%だとすると5回で理論上は100%、1回猶予を見て6回ってとこなんでしょうか?この考えは私個人の考え方なので間違っているかも知れませんが…

ですので、6回は目安になるのです。

勿論、その数をこなさなくてもステップアップもあり、医師と話し合ってステップダウン(タイミング法に戻る)するのもありなのです。

人工受精の適応~こんなときに人工授精にステップアップする

人工受精の適応(ステップアップの条件)は

  1. タイミング法をしても中々妊娠しない
  2. フーナーテスト不良
  3. 男性の精子の状態があまりよくない
  4. 女性の頸管粘液不良
  5. 男性の性機能障害
  6. 原因不明

といったところでしょうか。

もっとも、人工受精の真の適応は④の女性の頸管粘液不良のみかなとも思うところもありますが…

人工受精は病院によってやり方が違う

人工受精はタイミングが命です。それをより確実なものにする為にも排卵誘発剤を処方したり、hcgで刺激して排卵と人工受精のタイミングを合わせたりします。

それにはまず、タイミング法と同じで事前のLHサージの検査が必須になってきます。

病院によっては自宅で排卵検査薬を使用し、陽性が出たらその日か次の日に人工受精とする所もあります。 「人工受精は病院によってやり方が違う」の続きを読む…

人工受精の妊娠率はなぜタイミング法より確率が低いのか?

人工受精の妊娠率は1周期につき5~10%程です。タイミング法よりも確率が低いんですよね。

「人工授精は女性の頸管粘液をスルーしているのになんで?」と誰しも疑問がわくと思います。 「人工受精の妊娠率はなぜタイミング法より確率が低いのか?」の続きを読む…

人工受精へのステップアップ:タイミング療法でなかなか妊娠しない場合

人工受精の適応の1つに「タイミング法を半年くらい続けたけど妊娠しない」というのがあります。

半年という目安は、タイミング法の妊娠率に基づいているのかなと思います。タイミング法の妊娠率は1周期で平均20%程度。5か月で100%という計算になるので「まあ、半年は様子を見ましょう」ってところなんじゃないでしょうか? 「人工受精へのステップアップ:タイミング療法でなかなか妊娠しない場合」の続きを読む…

人工受精へのステップアップ:女性の頸管粘液不全

女性の頸管粘液不全は、排卵日近くであるにも関わらず、頸管粘液の分泌が少ない事、また排卵日近くには頸管粘液は10cmぐらい伸びるのですが、伸びが悪い等の状態の事です。

タイミング法では毎周期顕微鏡で検査している病院もあるみたいです。親切ですよね… 「人工受精へのステップアップ:女性の頸管粘液不全」の続きを読む…

人工受精へのステップアップ:精子の状態が悪い場合

精液検査にて精子濃度が少ない(乏精子症)、精子の運動率が悪い(精子無力症)等の場合も人工受精の適応と言われています。

女性の頸管粘液をスルーする事によって、精子がより卵管に近づく事が出来、結果妊娠しやすくなるという訳です。 「人工受精へのステップアップ:精子の状態が悪い場合」の続きを読む…

人工受精へのステップアップ:原因不明の場合は意外と多い

人工受精の適応の一つに、「原因不明」があります。原因はわからないけど子どもができないという状態です。

原因不明とは、あらゆる検査をしてもこれといった原因が見付からない事を言い、不妊症の約3割の方が原因不明なのです。

意外と多いですよね。 「人工受精へのステップアップ:原因不明の場合は意外と多い」の続きを読む…

フーナーテストの信憑性

フーナーテストはステップアップの目安の一つですが、果たして本当にそうなんでしょうか?

そもそもフーナーテストって結構曖昧なものだと私は思います。

だって、フーナーテストの時間ってタイミング取ってから何時間も経っている訳ですよね。精子が卵管に到達するのは1~2時間もあれば…とありますので、元気な精子はとっくに卵管にいる訳です。そこで「精子がいない」って言われても…何だかなぁって感じです。 「フーナーテストの信憑性」の続きを読む…