不妊治療における漢方薬

不妊治療では、漢方薬もよく処方されていますよね。不妊治療専門病院では、割と早い段階から漢方薬が処方される事も多いです。

代表的なのが「当帰芍薬散」ですね。これは、婦人病の万能薬と言っても過言ではありません。実にたくさんの患者さんに処方されています(私も服用したことがあります)。 「不妊治療における漢方薬」の続きを読む…

漢方薬の購入に関する注意点

漢方薬は今では実にたくさんの場所に置いてありますよね。漢方薬局は勿論のこと、それだけではなく、ドラッグストアに町の薬局や、果てはネットにも漢方の取り扱いがあるくらいです。

その辺ですぐに購入出来ることは、とても便利ですよね。特にネットだと、口コミを見る事が出来るし、スマホやパソコンから簡単に購入出来、お店にも足を運ばなくていいし、とても便利なものです。

しかし、この「便利さ」は要注意です。何度も申し上げておりますが、漢方は薬です。ネットで安易に手に入れたり、ドラッグストアにて、自己判断で購入するべきものではないと思っています。 「漢方薬の購入に関する注意点」の続きを読む…

漢方薬:六味丸について

「六味丸」(ろくみがん・六味地黄丸)は、東洋医学でいうところの、「腎虚」を補う為の漢方薬です。

腎虚の腎とは、そのまま「腎臓」の事ですが、東洋医学での腎は、子宮や卵巣なども指します。腎虚の状態は、腎臓や子宮、卵巣が弱っているという事になります。 「漢方薬:六味丸について」の続きを読む…

漢方薬:補中益気湯について

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、主に男性不妊に対して使用される漢方薬です。

主な作用は、胃腸の働きを良くして体力を回復させ、身体を元気にする作用があります。効き目がある症状としては、食欲不振、脱力感、下痢、息切れ、虚弱体質、病後の改善、頭痛、子宮下垂、不正出血、痔、流産の予防、不妊症などです。 「漢方薬:補中益気湯について」の続きを読む…

漢方薬:柴苓湯について

柴苓湯(さいれいとう)は、不妊症に効く漢方というよりは、習慣性流産の予防薬として補助的に用いられている事が多いです。

柴苓湯の効能は、水分の循環を改善し、無駄な水分を取り除きます。具体的には、急性胃腸炎、ぬくみ、頭痛、咳、暑気あたり(夏バテ)などに効果があります。 「漢方薬:柴苓湯について」の続きを読む…

漢方薬:きゅう帰調血飲について

「きゅう帰調血飲(きゅうきちょうけついん)」は、不妊症に効果がある漢方薬の一つです。主に、産後の神経痛に用いられる事が多いですが、不妊症にも効果があり、処方している病院も結構あります。

このきゅう帰調血飲も、東洋医学でいうところの「オ血(血の流れを良くする)」や「血虚」を改善させる漢方として捉えています。 「漢方薬:きゅう帰調血飲について」の続きを読む…

漢方薬:桂枝茯苓丸について

「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」は、不妊治療の現場でもよく処方されている漢方薬です。あまり聞き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、漢方を良く知る方は、結構な割合で処方している漢方薬の一つです。

桂枝茯苓丸は、平たく言えば、「オ血」に使用されます。オ血とは、血の流れを良くするという意味で、東洋医学にとっては健康に最も重要な要素であるとされています。 「漢方薬:桂枝茯苓丸について」の続きを読む…

漢方薬:桃核承気湯について

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、不妊症に用いられる漢方薬です。ただ、四物湯以上に、不妊治療に現場ではあまり見かけることはありません。しかし、きちんとした効果もあるんですよ。

まず、効能ですが、この桃核承気湯は便秘薬として用いられるのが一般的なようです。また、月経不順や生理痛、高血圧、更年期障害、不妊症に効果があります。 「漢方薬:桃核承気湯について」の続きを読む…

漢方薬:加味逍遥散について

加味逍遥散(かみしょうようさん)は、不妊症に用いられる漢方薬の一つです。不妊治療の病院でも、所々で処方されていますが、あまり一般的ではないようですね。

しかし、本来漢方は、その人の体全体を見て処方されるものです。効果が同じ様な感じだからといって、その人に必ず効くとは限らないのです。 「漢方薬:加味逍遥散について」の続きを読む…