これからの為にも、今から体作りを!

不妊治療、特に高度医療での治療をしているから絶対妊娠するとは限らないです。非常に残念な事ですが…

で、結局は何がモノを言うかというと、「そのカップルの妊娠力」なんだそうです。

て言われても…高額のお金を出しているのに、頼みますよ~って感じになるかも知れません。

でも、やはり妊娠する為に努力をしてきて損はないんです。身体的にも精神面でも。

もし、高度医療で妊娠出来たとしますよね?食事や睡眠に気を使いながら治療を受けた場合と、特に何もせずに治療を受けた場合、仮に妊娠したとしても達成感は違うと思います。

妊娠するのに達成感なんてあるの?という話になりますが、不妊期間が長ければ長い程、高度医療に進む程、妊娠した時の喜びは大変なものになります。

で、自分も頑張って妊娠出来る体作りをしてきた、頑張ったから叶ったんだという気持ちになれると思いませんか?

それに、妊娠は一つのゴールとは言え、その後もすぐに妊娠の継続、出産、育児が控えています。今から体作りをきちんとしておかないと大変です。

つわりも始まるし、妊娠中は免疫力が落ちるので感染症にかかりやすくなります。妊娠中はあんまり薬は飲めませんしね。出産も体力がいりますし、育児ももっともっと体力が必要です。

そう考えると、治療時代の今から、積極的に体作りをしておく事が大切なんです。

妊娠力アップの方法は夫婦一緒が理想ですが…

不妊治療は「夫婦一緒に取り組む」事が大切ですよね。

男性の検査は「精子の状態」これだけなので、結果が良ければそれで良し、悪ければ…決定的な治療法はありませんよね。

で、漢方かサプリしかない訳ですが、近年では、不妊症の増加に伴い、食べ物や運動療法が精子にも良い影響を与えると言われる専門家が多くなってきました。

そもそも精子の減少は世界的に起きています。これはWHOの基準の改正により暗黙の了解的な感じです。

こうなった原因は…まあ素人の私でも「環境ホルモン辺りが原因なのかな」という考えに至る訳です。

それならば、なるべくインスタント食品は避ける、精子に良い食べ物を積極的に摂る、運動不足にならない様、適度に体を動かす。女性が気を付ける事と何ら変わりはないのです。

妊娠力アップの方法は、夫婦でされた方がいいかなあと思います。女性だけが頑張っていても何だか寂しいですしね。

でも、協力してくれない男性に無理強いする必要はないです。逆にひいてしまいます。例えば、子宝マッサージのやり方の本を見ただけでひく方もいらっしゃるのです。悲しい事ですが…まあ、うちの主人もこのタイプなんですがね(笑)

でも、私は無理強いはしません。その変わり、食卓には結構気を使っています。精子にいいカキ料理や、長芋、オクラをずらっと並べる日もありますよ(笑)

妊娠力アップの方法は効き目は人それぞれ

妊娠力アップの方法に向き不向きがある様に、身体にとっても向いていない方法があります。

例えばストレッチでも、慢性的な腰痛がある方等には、負担になる場合がある為、するなら専門家の指導の下でやった方が安全な場合があります。

顕著に現れるのは鍼灸ですかね。鍼灸は基本的に保険が効かないし、医療費控除も受けられない治療です。で、費用と照らし合わせて効く、効かないをみます(というかどうしてもお金の事は考えますよね…)。

効く方は凄く効きます。今までどんな冷え取り術を試しても、まるで体から冷気が出ているかの様に常に冷えが取れなかった友人が、鍼灸に通い始めて、1回目のその日は身体がポカポカになったそうです。そして、2か月後に妊娠したのです。

一方、効かない人は効きません。効いたかなと思っても、その時のみで効き目が長続きしないのです。

アロマテラピーもそうです。アロマは妊娠力アップというより、リラックス効果の方が強い感じなんですが、リラックスさえ感じられない方がいらっしゃいます。香り自体がダメなんですね。

この様に「自分には効かないかも」と思ったら、すぐに止める方がいいです。最初の勘って結構重要なんです。

高いお金を払うのですから、効き目がなかったら勿体ないですもん(笑)

妊娠力アップの方法は向き不向きがある

自分で実践する妊娠力をアップする方法は、向き不向きがあります。

例えば、料理が苦手な人に「毎食妊娠にいい食事を作って食べて」と言うと、その方にとっては重荷になるかも知れません(これは私の事ですが 笑)。ですから、自分が出来る範囲で妊娠力アップの為の料理を作っています。

お昼ご飯が特に面倒で、私はいつもご飯に卵黄を乗せ、納豆をかけ、梅干しを入れ、すりつぶした黒ゴマを振りかけ、卵かけご飯専用の醤油をかけて食べています…。何だかアカン飯に出てきそうでしょう?(笑)でもこれが凄く美味しくて!毎日食べても飽きないんです。

こんな感じで昼は適当ですが、夜はそれなりに意識して料理をしています。自分の中ではかなり頑張っているんですよ(笑)

私に向いている妊娠力アップの方法は「運動」ですかね。

身体を動かしていないと、どうもイライラしてしまって。それに肩凝りや首の凝りも酷いので、毎日20分~30分ストレッチをしています。これをすると、身体が一度リセットされた感じになりとても気持ちいいのです。

逆に、運動が苦手というか、少し面倒な方もいらっしゃいますよね。そんな方は、最初は一日5分とかからでもいいと思いますよ。

「絶対やらなきゃ!」とノルマみたいになればストレスになってしまいます。無理なく続ける様にしたいですよね。

妊娠力アップの為の努力は継続する事が大切

食事療法や運動療法など、妊娠力をアップする方法はたくさんありますよね。

それらは全て、続けなければ効果はないと思います。

いざ始めてみても三日坊主で終わってしまうのは何の意味もないんです。

例えば運動。これは結構多くの方にありがちだと思うんですが、妊娠しやすくなるストレッチをしようと思い立った。しかし中々時間がなくて休みの日しか出来ない…これは効果がありません。

また後ほどお話させて頂きますが、ストレッチを始めとする運動療法は、本来ならば20~30分かけてゆっくりと、毎日する事が理想的です。中には5分でもした方がいいという意見もありますが、やはり短すぎる時間よりは、少し長めにした方が効果が現れるのが早いんです。

これは断言出来ます。私自身がそうでしたから。

食事も同様です。というか、食事は長続き出来る様、負担のかからない方法を取る事が大切かなという感じですが…

というのは、お酒大好きな方が「妊娠する為にお酒は絶対飲まない!」と決めても、最初の内はいいのですが、段々と飲みたくなりませんか?これは仕方のない事だと思います。

だから、高温期の中頃からのみアルコール禁止にして、それ以外は1日1杯だけOKとか…食事は楽しみの一つですから、ストレスがあっては良くないと思います。

続ける工夫が大切なのです。

妊娠力アップは心身の健康を助ける

妊娠力をアップさせる為に健康管理に気を付けていると、自然と心の方もいい状態にもっていきやすくなります。

寝不足の次の日ってすごくしんどいですよね。まず「眠たい!寝たい!」って身体が感じていますよね。

そんな状態の時に、面倒な仕事や子どもがぐずぐずしたりすると…イライラしてしまいませんか?

逆に質のいい睡眠がとれていると、少しぐらい無理な事を言われてもこなす事が出来るし、必要以上にイライラもありません。

食事も同様です。体にいい食事は心も満たしてくれます。あまり良くないとは分かっていながらも、「インスタント食品やコンビニ弁当ばかり食べてたらダメだよな~」と思いながら食事をするより、「健康(妊娠)の事を考えて作った。やっぱり体にはいいよね」と思いながら食事をする方が結局は心にもいいのです。

ある程度健康に気を付けていないと、心も風邪をひきやすくなるんです。

心の病気とよくいいますが、実は脳の病気なんです。人間は心は形として持っていないでしょう?

精神科で処方される薬も、殆どが脳内物質に影響するんです。

あまりにも不規則な生活や、食事内容が悪すぎると脳にとっても良くないと思います。そしてそれが心の病気をひき起こしたりするんです。

妊娠力アップと健康管理

前の記事で書かせて頂いた通り、めちゃくちゃな生活をしていた若い頃の私。時間を取り戻すかの様に健康的な生活を心がけています(といってもそこまで気をつけていませんが…)。

でも、切っ掛けは妊娠力アップの為のはずが、いつの間にか健康管理になっている事に気づきました。

食事も妊娠を意識して、タンパク質をがっつり摂ったり、野菜をたくさん食べたりしているのですが、やはり体の状態は…徐々にですが良くなってきています。朝からお通じもちゃんとあるし、体重も極端に増えたり減ったりしません。

睡眠も、0時には寝る様にしているのですが(鍼灸院の先生には遅い!と怒られましたが(>_<))、翌日の活動は前よりも生き生きと出来ます。

まあ、前がめちゃくちゃ過ぎたからですが、何だか体のリズムが出来てきたというか、スムーズになってきているというか…

で、不妊治療を休んでいる今も、早く寝る事や、食事に気を付けたりしているのですが…もう妊娠とは離れてしまい、健康の為だけに気を付けています。

でもこれは、いい事だと思います。何故なら健康管理をきちんとする事が、結局は妊娠力アップに繋がるんですから。

まさに一石二鳥ですよね!妊娠力アップと健康管理はイコールなんです☆

妊娠しやすい人って?

世の中には、「妊娠しやすい人」と、「妊娠しにくい人」がいますよね。私は後者の「妊娠しにくい」体質だと思っています。

これは自分でも原因があるのは分かっています。不妊治療を必要とする病態があるとかは別にして、多分、若い頃の生活ぶりが今に響いているのかなと感じています。

私は若い頃は何故か働く事が大好きで、朝から晩まで働いていました(何だか変わってますよね 笑)。24時間営業のレストランで深夜から朝までバイトし、その足で大学に向かうなんてよくある事でしたし、20歳を過ぎた頃から、喫煙の習慣があったのです…喫煙期間は10年以上でした。食生活もコンビニ弁当が多かったですし、まず自分で自炊はしませんでした。

まあ、こんな生活を10年以上していたら体のどこかが悪くなっているかも知れませんが…(/_;)書いているだけで後悔の連続ですね。

この「つけ」が今にきているんだと思います。

妊娠しやすい人は私の周りにも何人かいます。

その人達に共通するのは「食生活」です。皆料理が好きで、しかも色々な食材を使って料理をされています。そして食べるのが大好きなんです。

聞くと「小さい頃から食べ物が好き」という方が多いんです。これはたまたまかも知れませんが、やはり食べ物と妊娠は密接に繋がっているのかなと思います。 

妊娠力は「余裕」から

「妊娠力」とはなんでしょうか?

文字通り、そのカップルの妊娠する力です。妊娠する為にはまず、心身共に健康である事が一番になります。

インスタント食品ばかり食べていると環境ホルモンの影響も少なからずありますし、市販の物は味が濃い為、食べ続けると身体にはあんまり良くないですよね。たまにならいいですが…

睡眠も大切です。理想なのは、早寝早起きです。しかし、お仕事等の都合により中々規則正しい生活を送れない場合がありますが…これはある程度は仕方のない事です。

そして私が一番、妊娠に影響があるかな~と感じているのがストレスです。

人間は強いストレスの下に長時間いると、心が疲れてしまいます。これではもう妊娠どころではなくなってしまいます。

人間が生きていく為に、必要最低限の食事、睡眠、心の健康さえあれば、極端な話、妊娠は出来ます。生殖機能もまた、人間が生きていくのには必要ですからね。

でも、やはり、より栄養のある食事、質のいい睡眠、いつも快適な気持ち(これは難しいですが)でいると、身体も心も「余裕」が出来て、より妊娠に力が回せると思います。

これにプラス、不妊治療や漢方を始めとした病態に基づいた治療をする事で、確実な効果が得られると思います。

自分で出来る妊娠力アップ法

妊娠しやすい体になる為には、色々な事を試してみる必要があります。

というのは、どの方法が自分に向いているのか一概には言えないからです。

睡眠、食事療法、整体、漢方、鍼灸院、アロマテラピー、ヨガ、運動療法、ツボ…

今思い浮かぶのだけでもこれだけあります。これは全て、不妊治療の病院で行われているものもあれば、そうでないのもあります。

割と大きな病院では、講師を招いてヨガやストレッチ等の運動療法を積極的に行っていたり、食事療法を熱心に指導している場合があります。

しかし、これらはある程度の知識を身につければ自分でも出来る事が多いのです(漢方はムリですが)。

鍼灸も背中とかは自分では無理ですが、肩辺りなら自分でも出来るんですよ。勉強しないとだめですが…

食事も知識を身に付けさえすれば、自分でいくらでも調理は出来ますし、アロマテラピーも結構奥が深いですしね。

それに、これらは勉強すればかなり面白いんです。

例えば、この食材はこんな効果があるんだなとか、睡眠はこんなに大切なんだなとか、アロマテラピーの香りはこんな効果があるんだなとか…

知れば知る程面白くなってきます。全て自分の為になりますしね。

ですから、自分の体の為にも妊娠力をアップしておく事が大切です。