どの精子が卵子と受精出来るのかは運もある

体外受精について勉強をしている内に、顕微授精をすると、授精率は100%だと思っていたのが、実は違う事を知りびっくりしました。受精率は90%ぐらいだとのことです。

顕微授精は、採卵した卵子に、いちばん元気な精子を人の手で授精させます。なので絶対受精すると思うと思います。で、調べていく内に、培養士の失敗とかではなく、うまく分裂しない状態になることがあるようです。これが、顕微授精でも受精しない残りの10%という事になります。

卵子の質の問題もあるだろうし、精子の問題もあるでしょう。それに、いくら元気のいい精子を選んだからといって、それが果たして染色体異常を持っていない精子といえるでしょうか?

残念ながら、そんな事は誰にも分かりません。胚盤胞の染色体異常すら分からないのですから、これは仕方がないと言えば仕方がないのです。

でも、よくよく考えてみると、自然妊娠でも同じ事が言えます。

卵子と受精出来るのは、果たしていちばん優秀な精子なのでしょうか?排卵は左右どちらかからなされます。「今回は右から排卵!だから右の卵管に行けー!」なんて、精子たちが分かるわけないと思いませんか?(笑)

その時卵管まで入り込めたいちばん優秀な精子が、てんで違う場所に進んでしまう事は大いにあり得ます。

どの精子が卵子に入り込めるかなんてのは、運なのです。ただ、顕微授精においては、培養士はその中で、いちばん元気な精子を選んで受精させているのは間違いありません。

グレードはあくまでも目安程度に

受精卵のグレードがいい程、妊娠率もアップするのは分かりますよね。実際に、グレードのいい受精卵を移植した場合とそうでない場合の妊娠率には、差があります。

しかし、これも人間の体の摩訶不思議なことになりますが、グレードの悪い受精卵を移植しても、すぐに妊娠に至る場合もありますし、逆にグレードがすごくいい受精卵を移植しても、残念ながら妊娠に至らない場合もあるようです。

そもそも、グレードなんてものはあくまで「医師や培養士の見た目で判断される」のです。

例えばある医師は、ある胚盤胞を見て「グレード4AA」と言いました。しかし、違う医師が同じ胚盤胞を見て「5ABだね」と言われる場合も大いにあるのです。グレードの分け方なんてものは、結構細かく見えて、実は3段階しかないのです。「限りなくAに近いB」の場合、Aと判断される医師もいれば、Bと判断される医師もいる…そういうことです。

しかし、Bと言われるのとAと言われるのでは、気持ちの持ちようが全然違いますよね。誰だって最高のグレードの胚盤胞を移植したいわけですから…

ただ、グレードはあくまでも目安であり、絶対的な評価でもないのです。人の目が入りますから、どうしても違いは出るものなのです。

ですから、グレードが悪いといっても、凄く悪くはない限り、気落ちされる必要はないと思います。

受精卵(胚盤胞)のグレードの意味と見かた

体外受精で培養された受精卵は、全て「受精卵のグレード」が区別されます。受精卵のグレードとは、言うなれば「受精卵の出来の良さ」です。

体外受精における、受精卵のグレードはよく「3AA」とか「4BC」とかでランクづけされています。

グレードは、胚盤胞の胞腔の広がりとスピード(1~6で表されます)と内側の細胞の状態(A~Cで表されます)、外側を囲む薄い細胞の状態(これもA~Cでランクづけされます)の3つで、胚盤胞をランクづけされています。

そのグレードごとに妊娠率が変わってくるというのが一般的な考え方です。 「受精卵(胚盤胞)のグレードの意味と見かた」の続きを読む…

体外受精での胚分割

体外受精では、胚盤胞まで培養し、それを子宮に移植する方法が主流となりつつあります。理由は簡単、その方が妊娠率がアップするからです。

前にも書かせて頂きましたが、自然妊娠では、卵管内で受精卵は細胞分裂を繰り返し、子宮にたどり着く頃には、胚盤胞まで成長しているかしていないかのタイミングなのです。そのタイミングで胚盤胞を移植する事により、より自然に近くなり妊娠率がアップするのです。

4~8分割した受精卵で、均等に分裂しており状態のいい受精卵は移植する事が出来ます。この場合、着床は4~5日かかるそうです。

12~16分割の桑実胚は受精してから4日経った受精卵です。この状態で移植すると、4~8分割の受精卵よりは着床率が上がります。

何故全ての不妊治療専門病院で、胚盤胞まで培養しないのかというと、単純な理屈で「胚盤胞まで培養出来る技術がないから」です。

技術がある病院は、胚盤胞まで培養出来る自信があるので、「胚盤胞まで培養出来なかったら、料金はお返しします」とネットにまで書かれているものです。これなら、患者側も納得ですよね。

体外受精は受精の問題はクリアできます。しかし、せっかくクリアできても妊娠しなければあまり意味がないのです。体外受精をする場合は、是非胚盤胞移植を申し出てみましょう。

 

受精卵に、外部からの衝撃などの影響はあるか?

「受精するのに外部からの衝撃とかは関係ありますか?」という質問をたまに見かけます。

確かに、卵管内で起こっている細胞分裂の様子を読むと、「大変な事が起こっている、衝撃があったり運動をしたり、他の精子が入ってきたりすると邪魔になって分裂に障害が出るのではないか」と思ってしまいすよね。

実際、高温期に入ったらタイミングを取るのを控えめに指導する医師もいらっしゃるようです。私も鍼灸師の方に「高温期のタイミングは、受精卵の邪魔になったりするよ」と言われた事があります。

でも、これは根拠は全くないんですよね。要はその受精卵の生命力次第なんです。例えば、体外受精をした後に、妊娠が判明するまで極力安静にしていたとしますよね。それでも、うまくいかない事はあるし、逆に適度に動いていてもうまくいく場合はあります。

これはもう、卵管という狭い場所で行われるミクロ、マクロの世界なので外部の衝撃とかは関係なくなってくるのです。排卵後のタイミングも、あんまり気にされる必要はないと思います。どうしても気になるのであれば避妊をしたらいいだけの話ですしね。

とにかく、外部からの衝撃は全く関係ありません。あまり神経質になる必要はないと思いますよ!

受精卵は細胞分裂を繰り返す

受精した精子と卵子は「受精卵」となり、すぐに細胞分裂を始めます。

まずは2個の細胞(2期細胞)となり、次は4個の細胞(4期細胞)、8個の細胞(8期細胞)と次々と分裂します。32個の細胞以降は、細胞の数が多くなる為数では呼ばなくなり桑実胚と呼ばれるようになります。

そして桑実胚は、さらに細胞分裂を繰り返し、最終的には胚盤胞になります。そして着床するのです。

体外受精の研究により、受精卵の細胞分裂の様子はより細かく分かるようになりました。この部分は人間のあらゆる体の元になる細胞であるとか、この部分は胎盤になるとか…

個人差がありますが、胚盤胞まで細胞分裂するには5~6日ぐらいです。胚盤胞は細胞が100~200あります。

そしてこの胚盤胞が子宮内膜に着床し、ここで妊娠成立となります。

受精卵の細胞分裂、殆どが卵管で行われます。なので、子宮は「胎児を育てる器官」であると同時に、卵管は「受精卵を育てる器官」とも言えます。

胚盤胞になるかならないかのタイミングで、子宮にいることが望ましい状態なんだそうです。胚盤胞が子宮内膜に着床するわけですから当然といえば当然ですよね。

この様に、女性の体の中では知らない間に劇的な変化が起こっているのです。

妊娠は奇跡の連続

熾烈なサバイバルレースを乗り越え、運よく出会えた精子と卵子は受精します。そして、細胞分裂を繰り返しながら卵管内を移動していきます。

細胞分裂の様子は、また別の機会にお話しさせて頂こうと思っていますが、大体受精後5~6日には胚盤胞にまで細胞分裂します。胚盤胞は100~200の細胞で出来ています。

そして、大体6~7日目には、胚盤胞は子宮腔内に辿り着きます。そしてその辺の子宮内膜に着床するのです。

妊娠に至る為には、まずきちんと排卵されて、精子とタイミングよく出会えること。受精してきれいに細胞分裂が出来、そして着床すること。これが全て出来て始めて、妊娠成立となるわけです。

これは、もう「運まかせ」とも言えます。精子と卵子が出会えるタイミングもこれは運なのです。上手く出会えても、精子に元気がなければ卵丘細胞を溶かすことは出来ないし、受精したとしても上手く細胞分裂が出来ない場合もあります。そして、着床出来るか出来ないかも運です。子宮腔内にたどり着くのが遅いと、子宮外妊娠の原因になったりするようですし、内膜の状態にも左右されますからね。

妊娠は全て「奇跡の連続」なのです。決して当たり前のことではないんですの。

受精のメカニズム

「受精は精子のサバイバルレース」と言えます。

そもそも、精子は子宮に入るまでに「頸管粘液」という難所を通過しなくてはなりません。約90%以上の精子はここで死んでしまいます。しかし、女性の体にとって、精子は「異物」です。やっとこさ子宮に辿り着いても、子宮に白血球などの免疫機能システムが送りこまれ、ここでも精子は攻撃を受けてしまいます。こうした攻撃から逃れた精子たちが、子宮を進み、卵管内へと辿り着くことが出来るのです。

この時点で精子の数は数百程度です。しかし、うまく卵子と出会えても最後の難関が待ち受けています。それは、卵子を守っている「卵丘細胞」という細胞の存在です。

この細胞は、卵子の周りに幾重にも張り込んでいます。この卵丘細胞をかいくぐり、最初に辿り着いた精子のみが卵子と受精することが出来るのです。

卵丘細胞は、精子の頭の部分の成分である酵素によって溶かされます。数百の精子が、この酵素を用いて卵丘細胞を溶かすのです。

こうしてみると、精子って本当に熾烈な争いを繰り広げているんだなぁと思います。まず元気のいい精子(直進で真っ直ぐ進む精子)でないと、卵管内まで辿り着くのは困難ですし、精子に卵丘細胞を溶かす酵素がないと、受精は出来ないのです。

だから、精子は無限に作られているのかなぁと思います。例えは悪いですが、お魚の卵みたいです。生まれてすぐに殆ど死んでしまうから、数が必要っていう感じなのですかね…