多嚢胞卵巣症候群の治療

多嚢胞卵巣症候群の方には、排卵誘発剤を処方し排卵を誘発する事が多いですね。

まずはクロミッド等の内服薬から様子を見て、効果がなければHMGやFSH等の注射に移行します。

…と簡単に書きましたが、それぞれその人に合った治療法でないと効果がありません。上手くいかない事だってあるんです。

排卵誘発剤がその人にどれくらいの効果をもたらすかがポイントになってきます。

クロミッド1錠で排卵出来る人もいれば、HMG等の注射をしてやっと排卵する方もあります。

薬なので当然副作用もあるので、それも考えて治療に臨まなければなりません。

例えばクロミッドは、ご存知の通り頸管粘液が少なくなったり、内膜が薄くなる等の副作用があります。

上手く排卵出来たとしても、この副作用が顕著に現れれば妊娠成立には致命的です。

また、HMG注射やFSH注射は直接卵巣に働きかけるので効果が強い変わりに、副作用も大きくなります。

代表的なものは卵巣が腫れてしまう「卵巣過剰刺激症候群」です。

お腹に水が溜まったりしてしまう事があるので注意が必要です。

多嚢胞では外科的治療もあります。

腹腔鏡手術によって卵巣に穴を開けて排卵するのを助ける処置をするのだそうです。ただ、効果は半年から1年の間の様です。

 

 

 

 

 

 

 

「不妊症の原因に基づく治療」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓