カウフマン療法って何?

ある不妊治療の仲間の一人が、「私、無月経だからカウフマン療法してるんだ~」と言っていました。

「えっ?カウフマン療法って何?」
と思いました。

恥ずかしながら、これまでカウフマン療法を知らなかったのです。

そこでその方にカウフマン療法について色々教えて頂きました。

カウフマン療法は主に無月経や比較的重い月経不順の方に行われるそうです。

不妊治療では上記の症状に加えた、女性の年齢が高い場合、また体外受精前のホルモンバランスの調整の為に行われる事があるそうです。

月経開始後、卵胞ホルモンのプレマリン等を服用、一定期間卵胞ホルモン剤を服用したら、今度はソフィアやプラノバール等の卵胞・黄体ホルモン剤を服用します。その後、出血があります(消退出血)。薬の種類は人によって違います。

これを3~6か月続けます。カウフマン療法の間は避妊します。

薬の服用を止めた時の「リバウンド現象」を利用し、生理がきちんと来る様に促すのです。

ホルモン剤によって擬似的に月経周期を作り出す事によって、体に覚えさせるわけですね。

「あ、排卵の時期はこうだったんだっけ」と脳が理解し、卵巣に指令を出してくれる様になるんです。規則正しい月経は排卵からですからね。

なるほど、こんな治療法もあるのかと思いました。上手くいけば、誘発剤を使用しなくても自然に妊娠出来る確率が高まるかもですね!

「不妊症の原因に基づく治療」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓