ストレッチの効果と肩凝り

ウォーキングの他にも手軽に出来る運動があります。それは「ストレッチ」です。

ストレッチはウォーキングの様に、通勤しながらとか、買い物のついでには出来ないので少々時間を取らないといけないですが、骨盤周辺の筋肉を集中的に鍛えたり伸ばしたり、骨盤内の血流をよりよく循環させたり出来ます。

また、肩凝りや首の凝り、腰痛等の改善も期待出来るんです。

ストレッチの本は色々な物があります。私は前に、運動のメインはウォーキング、首の凝りや肩凝りはストレッチで緩和していたので、バリバリのストレッチの本を購入しました。

その本は肩凝りはこのストレッチが効くとか、首のストレッチはこれとか、腰痛防止にはこのストレッチがいいとか詳しく細かく書かれていました。実際、続けている内に、肩凝りや首の痛み、腰痛はかなり楽になりました。毎日しないと効果はないですがね。

でも、肩凝りなども血流の悪さと関係があるんですよ。肩や首は子宮から遠いので関係ないと思われるかも知れませんが、肩凝りがあるという事は、肩の部分でで血液が循環しづらくなっているという事なので、それより下にある子宮や卵巣に十分な血液が行きわたらない事になるんです。首の凝りも同じです。

まずそれらを緩和してあげる事で、血液の循環が良くなっていきます。肩凝りに効く「アンメルツ」という市販薬も塗る事で肩の血液の循環を良くする事から、肩凝りが緩和されるんです。

まずは肩の凝りを解消してあげましょう☆

 

「妊娠と運動」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年3月7日 ストレッチの効果と肩凝り はコメントを受け付けていません。 妊娠と運動