二人目不妊の悩み【1】二人目不妊とその悩みについて

最近は「二人目不妊」という言葉をよく聞きますよね。不妊治療の病院にも、一人目のお子さんを連れて病院に通っている方がたくさんいらっしゃいます。

そういう私も二人目不妊です。よくあると思われるパターンで、一人目は自然に赤ちゃんを授かる事が出来たのに、二人目は中々授からない…という感じです。年齢の事もあるし、早目に不妊治療を始めたのですが、1年と少し通っても1回も妊娠出来ずに、少しの休みを挟んで体外受精の為に転院をしました。

一人目はまだ2歳なので、病院に行くのも結構大変です。しかし、出来るだけ早く二人目を…と思い、毎回の通院に片道1時間半~2時間かけて通っています。中々大変ですけれど、自分が決めた事なので頑張ろうと思っているところです。

体外受精はまだ一度も経験がなく、今は準備段階です。勉強すればする程、妊娠って不思議だなぁと思います。まさに「神様からの授かりもの」と言える領域なのかも知れません。しかし、妊娠する為に、日々頑張っている方たちのお話しを聞くと、「私も頑張ろう」と思います。

二人目不妊の方は、本当にたくさんいらっしゃいます。それだけ悩まれる方が多いという事でしょう。あるいは、一人目も不妊治療で授かったのかも知れません。

一言に「不妊」と言っても、その悩みは様々だと思います。

二人目不妊なりの悩み

よくネット等で「一人目不妊と二人目不妊の辛さは違う」という書き込みを目にします。二人目不妊の場合は「一人いるんだからいいでしょ」という感じなんですよね。「一人もいないわけじゃないのに、不妊とかじゃないでしょ?」という意見もあります。

確かにその様な側面もあると思います。二人目不妊の場合は、詰まるところ「一人いるからいいかな」という考えになる事もあります。「一人にたくさんの愛情を注いで育てていこう」という考えになるのです。

実際、私もそのような考えになった事もありました。一人いるのに二人目を望むなんて贅沢なんじゃないか…という思いにまでなった事もあります。

でも、やっぱり二人目は欲しいのです。

一人目不妊と二人目不妊の辛さは、似て非なるものだと思います。中々赤ちゃんが授からない辛さは同じですが、一人いるのといないのとではやはり違うのです。ですので、それぞれがそれぞれの気持ちが分かると言ったらウソになるかも知れません。お一人目も不妊治療で授かったのなら分かるかもしれませんが…

とにかく二人目不妊の場合は、「早くきょうだいを作ってあげたい」という焦りがあります。また、周りの人からよく「二人目は?」と聞かれます。これが結構辛いんですよね。

一人出来たから、二人目も出来ると思っている方が結構いらっしゃるのですが、これは違うと思います。出産を期に、体質が変わる場合もありますしね。二人目不妊は二人目不妊なりの悩みがあるのです。

  1. 二人目不妊【1】二人目不妊とその悩みについて
  2. 二人目不妊【2】 キッズルーム・子ども連れOKの病院を選ぶ
  3. 二人目不妊【3】 体外受精教室は男性も多く夫婦で参加しやすい

「二人目不妊について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年6月21日 二人目不妊の悩み【1】二人目不妊とその悩みについて はコメントを受け付けていません。 二人目不妊について