人工受精へのステップアップ:タイミング療法でなかなか妊娠しない場合

人工受精の適応の1つに「タイミング法を半年くらい続けたけど妊娠しない」というのがあります。

半年という目安は、タイミング法の妊娠率に基づいているのかなと思います。タイミング法の妊娠率は1周期で平均20%程度。5か月で100%という計算になるので「まあ、半年は様子を見ましょう」ってところなんじゃないでしょうか?

それでも妊娠しない場合、「そろそろステップアップしますか?」と医師からいきなり言われるかも知れませんが、これは勿論必ずステップアップしなければならない事はないです。カップルの意向が最重視されます。

で、人工受精に進むとなった場合、以前にも書かせて頂いた様に深刻に受け止める必要はないんです。人工授精は体への負担も軽いですしね。

人工受精では、タイミングが命です。タイミングがずれてしまうと妊娠率はタイミング法より落ちます。

卵胞の大きさを確認、更に血液検査や尿検査でLHサージが出ているか出ていないかの確認(hcgやスプレキュアを使う事が多いので)、人工受精後はきちんと排卵したかの卵胞チェック(人工受精の翌日が望ましいのですが)。これらは欠かせないと思います。

タイミングと違い、人工受精はお金がかかります。1回1,5万~3万ぐらいでしょうか。自由診療なので保険もききません。

タイミング法時代で培った、自分の排卵のタイミングをフル活用して人工受精に臨んで下さい!

 

「人工受精について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓


2014年2月20日 人工受精へのステップアップ:タイミング療法でなかなか妊娠しない場合 はコメントを受け付けていません。 人工受精について