漢方薬:加味逍遥散について

加味逍遥散(かみしょうようさん)は、不妊症に用いられる漢方薬の一つです。不妊治療の病院でも、所々で処方されていますが、あまり一般的ではないようですね。

しかし、本来漢方は、その人の体全体を見て処方されるものです。効果が同じ様な感じだからといって、その人に必ず効くとは限らないのです。

加味逍遥散の効能は、生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛、肩こり、便秘、自律神経失調症、不妊症、子宮筋腫などです。また、胆石症や胃、十二指腸潰瘍、慢性胃炎などにも用いられる場合があります。

10種類の生薬から成り、当帰や芍薬、生姜などの血行促進作用のある生薬も入っています。

加味逍遥散が向いている方・効果が特にある方

加味逍遥散が向いている方、効果が特にある方は、疲れやすくイライラするなどの不定愁訴がある方、気分の変動が多いタイプや几帳面な方にも効果があるそうですよ。脇や胸が張って痛い、頭痛や肩こり、口の渇きがある方にもお勧めだそうです。

当帰芍薬散などと違う点は、精神を安定させる作用があるという事です。

加味逍遥散の「逍遥(しょうよう)」は、「ぶらぶらと気ままに歩く、または散歩する」といった意味合いなんだそうです。そういったのんびりな気分にさせてくれるのが、逍遥です。ちなみに、のぼせがない方は、加味逍遥散から2つの生薬を抜いた、逍遥散が向いているんだそうです。

不妊治療は何かとストレスが溜まります。そう言った精神的な部分も考慮して、この加味逍遥散を選択なさるのも一つの方法かも知れませんね。

「不妊治療に使用される漢方薬について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓