漢方薬の購入に関する注意点

漢方薬は今では実にたくさんの場所に置いてありますよね。漢方薬局は勿論のこと、それだけではなく、ドラッグストアに町の薬局や、果てはネットにも漢方の取り扱いがあるくらいです。

その辺ですぐに購入出来ることは、とても便利ですよね。特にネットだと、口コミを見る事が出来るし、スマホやパソコンから簡単に購入出来、お店にも足を運ばなくていいし、とても便利なものです。

しかし、この「便利さ」は要注意です。何度も申し上げておりますが、漢方は薬です。ネットで安易に手に入れたり、ドラッグストアにて、自己判断で購入するべきものではないと思っています。

ネットで漢方を購入した場合

というのは、もし副作用があった場合、ネットで購入していたら何の保証もないのです。たとえ、バックに大きい漢方薬局がいたとしても、せいぜい電話で対応されて終わりだと思います。電話で対応してくれるのならまだましで、酷いところになると電話が繋がらないところもあるのだそうです。アフターケアはないと思っておいた方が無難です。

個人輸入で漢方を購入した場合

それに、個人輸入といって、個人的に海外から漢方を輸入して格安でネットで販売している人もいます。これは非常に危険だと思います。どんな成分が入っているのか、分かったもんじゃないからです。ですので、ネットで自己判断で購入するのは止めましょう!

ドラッグストアで漢方を購入した場合

ネットではなくドラッグストアにて、自己判断で漢方薬を購入される方がいますが、これもあまりお勧め出来ません。

たしかにネットの個人輸入などに比べたらはるかにましです。成分もしっかりと安全なものだし、もし副作用が出たとしても、無下に対応されることもないと思います。しかし、漢方は基本的に高いのです。ドラッグストアで購入する場合、保険は効きませんしね。

それに、薬剤師さんがいらっしゃっても漢方に余程詳しくない限り、その人に向いている漢方は何なのか、見分ける事は難しいと思います。ドラッグストアにいらっしゃる薬剤師さんは、基本的に西洋医学の薬に詳しい方が多く、漢方にも詳しいとは限らないのです。

せっかく高いお金を出して購入するのだから、自分に合った漢方薬を購入したいですよね。

自分に合った漢方薬を購入する

お勧めは、信頼出来る漢方医がいる、漢方薬局で処方してもらうのが一番だと思います。しかも、保険が効くところがいいです。不妊治療の病院でも処方してもらえますが、不妊治療の医師は、西洋医学です。東洋医学である漢方薬を処方するのは、突き詰めていくと違うかなぁと感じています(あくまでも私個人の意見です)。

ただ、病院だと確実に保険は効くし、アフターケアもしてくれるので、安心と言えば安心ですよね。

ただ、漢方はその人の体全体をみるので、やはり専門の知識がある方に処方さて頂いた方が、効果はあると感じます。自分に合った漢方が見付かるといいですね!

「不妊治療に使用される漢方薬について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓