不妊治療における漢方薬

不妊治療では、漢方薬もよく処方されていますよね。不妊治療専門病院では、割と早い段階から漢方薬が処方される事も多いです。

代表的なのが「当帰芍薬散」ですね。これは、婦人病の万能薬と言っても過言ではありません。実にたくさんの患者さんに処方されています(私も服用したことがあります)。

当帰芍薬散

当帰芍薬散は主薬の「当帰」と「芍薬」を含め、6つの生薬の種類からなります。「当帰」は、血行を良くして貧血症状を改善し、体を温める作用があります。「芍薬」は、生理痛や肩こりなどの痛みを和らげる生薬です。病院では、煎じる必要のない、乾燥エキスを処方されるのが一般的ですね。

効能は、生理不順やPMSの緩和、生理痛の緩和、冷え性、貧血の改善、不妊症、めまい、頭痛、肩こり、黄体機能不全、流産の予防、更年期障害などです。実に幅広いですね。

しかし、漢方なので、効く効かないはかなり個人差があります。生理痛に効いたのか、肩凝りが和らいだのか、黄体機能不全が改善されたのか…西洋の薬とは違い、「飲んでみないと分からない」という部分は大いにあります。

漢方薬は、自然の生薬から作られているので、味も苦いです。煎じて飲んだらまだましになりますが、この味が嫌いで漢方を飲みたくないと思われる方も多いですね。

漢方薬は「東洋医学」の薬

ここで少し、漢方薬について触れさせて頂きたいと思います。

漢方薬は、ご存知の通り「東洋医学」の薬です。私たちが普段行っている病院は「西洋医学」です。ここで漢方薬を処方される…という事は、突き詰めていくと間違っているんですよ。

西洋医学は、「エビデンス(根拠)」に基づいて治療法を確立しています。病気の診断も、それに対する薬の処方も全てエビデンスに基づいています。ですから、西洋医学だと「この症状だと〇〇という病気で、この薬が有効」という結果になり、強弱の違いはあれど、万人に効力があるのです。

しかし、東洋医学はエビデンスがありません。根拠がないので、治療や漢方を処方しても、効かない方がいるのはこの為です。しかし、東洋医学の知識が深い方は、「この人にはどの治療法が適切なのか」という事が分かるそうです。

漢方医の方がよく、「この症状で、この漢方薬はおかしい」とおっしゃっているのを耳にします。漢方は、その人の体格や体質、舌やお腹の様子、体をよく診察して初めて処方されるものなんだそうです。

不妊だからといって、すぐに当帰芍薬散を処方するのは、間違っているという訳です。ですので、漢方薬は出来れば、実績のある漢方医に処方してもらうのが一番です。

ただ、漢方医はピンキリいらっしゃって、西洋医学の病院と違って選び方が難しいという欠点はあります。高いものも多いので「もし効かなかったらどうしよう」という思いもありますね。

もし、知り合いに有名な漢方医がいればラッキーぐらいに思っておいた方がいいのかも知れません。

漢方薬は副作用が無いの?

漢方薬と言っても薬ですので、副作用はもちろんあります。

しかも、西洋医学の薬と違い、エビデンスがないので、副作用も「こうだからこの副作用が出る」というのがない為、服用するのはある意味賭けになります。

たかが生薬、されど生薬です。一般的には漢方薬の効き目はマイルドで、一定期間服用しないと効果が出ない場合が多いのです。しかし、これも人によりけりなんですが、劇的に効果が出る方だっているのです。また、副作用も強く出る場合もあります。

私の体験談をさせて頂くと、ある漢方薬を長期間に渡って服用していました(漢方医に処方されたものです)。当時は不妊治療をお休みしていたので他の薬は飲んでいなかったのですが、3か月経った頃から、12日しかなかった高温期が、14日に伸び始めたのです。しかし、18か19日で排卵していたのが、20日超えてから排卵するようになってしまいました。不安になって服用を止めたところ、周期は元に戻りました。これは漢方薬の効果と副作用だったのかなと思っています。

不妊治療の現場において、漢方薬は補助的な意味で処方される事も多いです。しかし、西洋医学の薬と合わさる事で、効果が2倍3倍になったり、またはその逆もあると思います。

漢方薬の服用にあたっては、医師の説明をしっかりと聞いて下さいね。少しでも変わった事があれば、速やかに医師に申し出て下さい。

「不妊治療に使用される漢方薬について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓