漢方薬:桂枝茯苓丸について

「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」は、不妊治療の現場でもよく処方されている漢方薬です。あまり聞き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、漢方を良く知る方は、結構な割合で処方している漢方薬の一つです。

桂枝茯苓丸は、平たく言えば、「オ血」に使用されます。オ血とは、血の流れを良くするという意味で、東洋医学にとっては健康に最も重要な要素であるとされています。

効能は、生理痛や生理不順、無月経、月経過多、月経過小、PMS、不妊症、子宮内膜症、子宮筋腫、痔核、卵管炎、卵巣のう胞、高血圧、子宮付随炎などです。

桂枝茯苓丸は5つの生薬から成り、その中の「茯苓」という生薬が、精神を安定させてくれる効果があります。

桂枝茯苓丸の服用に向いている方

桂枝茯苓丸の服用に向いている方は、「女性で左のへその斜め下が痛む」という事です。特に、生理が近づくに従って、その痛みが増してくる方には効果があります。また、足が冷えているのにのぼせてしまう方も、桂枝茯苓丸は向いていると言えます。

ただし、この漢方は桃核承気湯と一緒で、比較的体力のある方、体型がしっかりしている方に向きます。虚弱体質やほっそりしている方には、当帰芍薬散の方が合っていると言われる事もあります。

服用を続けて、のぼせや冷え、皮膚の乾燥や口の渇きなどが軽減されてきたら、効いている目安になるのだそうです。

「不妊治療に使用される漢方薬について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓