漢方薬:きゅう帰調血飲について

「きゅう帰調血飲(きゅうきちょうけついん)」は、不妊症に効果がある漢方薬の一つです。主に、産後の神経痛に用いられる事が多いですが、不妊症にも効果があり、処方している病院も結構あります。

このきゅう帰調血飲も、東洋医学でいうところの「オ血(血の流れを良くする)」や「血虚」を改善させる漢方として捉えています。

血流の流れに滞りがあると、子宮や卵巣に血液がいきにくくなるだけでなく、手足の冷えや体の冷えを引き起こし、老廃物も排出されにくくなります。また、栄養が体中に行きわたりにくくなるのです。東洋医学では、オ血は大切な要素の為、様々な漢方にオ血対策の生薬が含まれているのです。

少し話がそれましたが、きゅう帰調血飲の効能は、貧血や冷え性、生理不順や生理痛、疲れやすい、抑うつ状態や不安がある時などに処方されます。

きゅう帰調血飲は、13種類の生薬から成り、それぞれの生薬が効果を高め合っています。

服用に適している方は、体が虚弱で疲れやすく、貧血気味、気分がふさぎがちな方に向くそうです。体力回復にも効果があるそうです。また、血流の改善の効果が高いので、結果的にホルモンバランスを整える事にも繋がります。

ただ、きゅう帰調血飲は胃腸の弱い方にはあまり向きません。医師とよく相談されて下さいね。

「不妊治療に使用される漢方薬について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓