漢方薬:桃核承気湯について

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、不妊症に用いられる漢方薬です。ただ、四物湯以上に、不妊治療に現場ではあまり見かけることはありません。しかし、きちんとした効果もあるんですよ。

まず、効能ですが、この桃核承気湯は便秘薬として用いられるのが一般的なようです。また、月経不順や生理痛、高血圧、更年期障害、不妊症に効果があります。

桃核承気湯の特徴は、比較的体力がある方、がっしりとした体型の方によく用いられることです。向いている方は、便秘、頭痛、のぼせ、腰や足が冷えて月経異常があり、左の下腹部に特有の圧痛がある方です。

ですので、体型がしっかりしていて、便秘がちであり、しかし冷え性の方にはこの桃核承気湯の処方の対象となる訳です(実際の診察はもっと細かいですが)。

桃核承気湯には、5つの生薬が入っています。「桃仁」「桂皮」「大黄」「芒硝」「甘草」です。不妊に効果があると言われているのが「桃仁」で、生理痛や生理不順、更年期障害、血流の改善などの効果があります。

また、桃仁の花蕾には、利尿作用があるので、老廃物を出すのにも効果があると言われています。ちなみに「大黄」は、下剤作用があり、「芒硝」には、血液凝固抑制作用があります。

こちらの漢方を不妊治療に用いる場合には、専門家の診察が大切かも知れませんね。

「不妊治療に使用される漢方薬について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓