ディビゲルについて

ディビゲルは、プレマリンやエストリオールと同じく、卵胞ホルモン剤です。しかし、上記の薬と違う点は、プレマリンなどは飲み薬なのに対し、ディビゲルはジェルタイプの塗り薬であるという点です。

「え?ホルモン剤なのに…塗り薬?」と不思議に思われる方もいらっしゃるかも知れません。私も、「ホルモン剤を塗るなんて、何か変な感じ」と思っていまいた。

この薬は、塗ることによって薬の成分が皮膚から吸収されます。よって、効果は内服薬とそんなに変わりません。むしろ、内服薬よりも効果が高いという方もいらっしゃいます。

あくまでも一般論で、塗り薬の方が効く、または使いやすいという方もいらっしゃいます。

ディビゲルは、1日1回、太ももや下腹部に1包を塗ります。これで完了です。扱いは簡単で、虫刺されなんかの塗り薬と同じような感じなのです。

こちらの薬は、子宮内膜を厚くしたり、頸管粘液の分泌を促進したりする効果があります。塗るだけでこんな効果があるなんて、何だか驚きですよね。

副作用としては、内服型卵胞ホルモン剤と一緒で、胸の張りや痛み、不正出血、下腹部痛、発疹などがあります。やはり合う合わないがあるので、様子を見ながらの投薬となります。

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓