プロゲデポーについて

プロゲテポーは、プロゲステロンの筋肉注射です。

女性ホルモンのプロゲステロンを補充する為に使用され、黄体期に使用されます。効能は、黄体機能不全の改善、月経周期をを整える、妊娠初期の流産防止です。使用時期を間違えれば、ホルモンバランスが崩れて大変な事になるので、投与前の卵胞チェックは必須です(排卵前に打ってしまうと、排卵せずに強制的に黄体期に入らされる為、妊娠の可能性がなくなってしまいます)。

作用は割と強力です。黄体ホルモンが補充された結果、プロゲステロンの働きにより高温期が長くなったり、基礎体温が高くなったりする事があります。

筋肉注射なので、二の腕や臀部に注射します。痛みは…やっぱり結構あるようですね。

プロゲデポーは、割とメジャーな注射で、タイミング療法や人工受精、体外受精の後の黄体期に用いられます。

量は125と決められています。

投与してはいけない方は、重篤な肝機能障害のある方、妊娠ヘルペスの既往がある方です。また、投与に慎重にならないといけないケースは、心疾患や腎疾患の方、またはその既往がある方です。

副作用は、他の黄体ホルモン剤と同じく、吐き気や嘔吐、めまいや倦怠感などが多いですね。また、プロゲデポーでは、胃痛も多くあります。

 

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓