自分が服用している薬、きちんと理解していますか?

不妊治療をされている方なら、薬を服用したり注射を打ったりされた経験のある方は多いと思います。

ですが、その薬の効果はともかく、副作用など事前にきちんと医師から説明は受けられていますでしょうか?ざっと説明は聞かれたかも知れませんが、詳しく聞かれていない方のほうが多いと思います。

例えば、クロミッドを処方される時に「この薬は、質のいい卵子を育てる為に使います。また、排卵の時期が整っていない方は、ある程度整ってきます、ただし、副作用として内膜が薄くなったり頸管粘液が少なくなったりします」という感じの説明かと思います。

この説明で十分かも知れませんが、どうして内膜が薄くなってしまうのか、頸管粘液が少なくなるのかなどと、私なんかは考えてしまうのです(笑)しかし、この副作用の原因を知る事で、薬の危険性も詳しく知る事が出来るのです。

所詮薬、されど薬です。どこに重大な副作用があるか分かりません。薬は慎重に服用しなければならないと思います。自分が服用する薬の事は、出来るだけ詳しく知っておく必要があると私は思うのです。

これから、不妊治療で使用される薬にや注射について、詳しく書かせて頂きたいと思っております。詳しすぎて嫌になるかも知れませんが(笑)、ざっとでも目を通して頂けたら幸いです。

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓