黄体ホルモン:膣剤について

黄体ホルモン補充の薬剤は、実に色々な種類がありますね。

今までご紹介させて頂いた、デュファストン等の錠剤を始め、プロゲストンなどの注射薬、エストラーナテープなどの張り薬などですね。

後は、膣に入れるタイプの薬剤もあります。私が通っているクリニックに限っての事かも知れませんが、タイミング療法や人工受精では、黄体ホルモン補充は飲み薬が多かったです。で、体外受精になると、注射薬や張り薬を処方されることが多かったですね。

ただ、膣剤は処方されたことがないので、調べた限りで書かせて頂きますね。

黄体ホルモン剤の膣剤は、ウトロジスタンが結構使用されているイメージです。どうやら、比較的安くて効果も高いという感じですね。ゲル状の膣剤もあるみたいですが、使用される事は少ない様です。

このタイプの薬の大きな利点は、内服薬とは違い、肝臓を経由しないので、肝臓に負担が掛からないという事です。後は、血栓症のリスクが減るという事が挙げられます。ただ、効果が比較的高いので、副作用も出やすいというデメリットもあるようです。

副作用としましては、黄体ホルモン補充時特有の、乳房の張りや痛み、吐き気や嘔吐、頭痛、下腹部痛、腰痛、眠気、倦怠感などがあります。

医師の指導のもと、正しい使用方法で使用されて下さいね。

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓