デュファストン~黄体ホルモンを補う薬

デュファストンは、不妊治療の現場においては、結構代表的な薬で、黄体ホルモンを補う薬です。

主に高温期に入ってからの黄体補助に使用されます。また、人工受精や体外受精の移植後の子宮収縮を抑えるのにも使用されたりします。また、黄体ホルモン剤ですので、カウフマン療法にも使用されたりします。

更年期障害の軽減で使用される場合は、卵胞ホルモン剤(プレマリンやエストリオール)などと併用されるのが原則です。女性ホルモンは、1つだけ機能してもあまり意味はないという事でしょうか。エストロゲンとプロゲステロン、この2つのホルモンが機能して初めて、女性ホルモンが機能していると言えるのだと思います。

子宮収縮の緩和作用と黄体ホルモンの補充が出来るので、流産の予防としても使用されたりします。

この薬は、不妊治療の現場においては、結構代表的な薬です。最初に用いられる黄体補助には、たいていデュファストンが使用されると思います。

これは、比較的作用が弱く、またその分副作用もあまりないからだと思います。また、他のルトラールなどの黄体ホルモン剤は、基礎体温上昇作用や、高温期の延長という作用があるのですが、デュファストンにはこの作用はありません(少しの高温期延長作用ならあるとは思いますが)。結構使いやすい薬のイメージです。

デュファストンの副作用

デュファストンは、比較的安全な薬ですが、副作用ももちろんあります。

まず、服用出来ない方は、重い肝硬変のある方や、重い心臓病のある方、重い腎臓病のある方です。症状が悪化してしまう恐れがあります。

また、以前の記事に、妊娠中でも服用出来ると書かせて頂きましたが、黄体補助が出来るからと言って、あまりの長期間の服用には適用しないと考える医師が大半だと思います。ですので、妊娠が分かった時点で服用をしたとしても、精々妊娠2か月ぐらいまでではないでしょうか(これは私の推測に過ぎないので、違うケースがあるかも知れません)。

勿論、妊娠中に服用したからと言って、胎児に悪影響があるという報告はありません。そういった意味では安全な薬なのですが、やはり妊娠中の薬の服用は出来るだけ避けたいのが本音ですよね。

また、デュファストンは、比較的作用が弱いので、副作用もそこまで重いのはありませんが、たまに下腹部痛や腰痛、頭痛、吐き気、乳房の張りや痛み、不正出血、むくみや体重の増加(ホルモン剤の投与による食欲増)、だるさ、めまい、眠気、発疹などが出る事があります。

これらの症状が強い場合、心配な場合は、医師に相談されて下さいね。

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓