FMG注射の副作用

FMG注射は、副作用にも気を付けなければなりません。

まず、いちばん多い副作用は、卵巣刺激過剰症候群(OHSS)です。これは、卵巣を過度に刺激し続ける事によって、卵巣が腫れたり、酷い場合はお腹に水が溜まったりします。

OHSSになってしまった場合は、治療を休まないといけなくなりますので、結果的にマイナスとなります。ですので、FMG注射の投与においては、医師の判断は非常に重要なのです。

ただ、クロミッドなどの飲み薬のような、エストロゲンのフィードバック現象はない為、内膜が薄くなったり、頸管粘液の分泌が少なくなったりする事はないです。

他の副作用として、吐き気、倦怠感、食欲の増減、むくみ、めまいなどがあります。OHSSでなくとも、卵巣の刺激による卵巣の痛みや下腹部の張りが出るのも特徴です。

脅かすわけではありませんが、注射は何かしら副作用は出ると思います。強弱はあるにしろ、お腹が張ったり、なんだかしんどい…というのは出てきます。

FMG注射は、タイミング療法や人工受精ではあまり使われなくなりました。クロミッドでは、中々卵胞が育たない方は別として(それでも毎日とかはあまりないみたいです)、多くの場合、FMG注射は体外受精の採卵の為に投与されます。女性の負担が大きいですので、是非パートナーの方は協力をされて下さいね。

FMG注射のメリット

FMG注射について、副作用とか悪い事ばかり書いてしまいましたが、もちろん良い事もたくさんあるんです。

まず、FMG注射は排卵誘発作用が強いため、ほぼ確実に卵胞は育ちます。それも1つや2つではなく、両方の卵巣合わせて5個以上育ったという方も珍しくはありません。それだけ排卵誘発作用が強力なのです。

なので、重度の排卵障害や、無月経の方、クロミッドを2錠とか飲んでも効かなかった方には、非常に有効な方法だと思います。通院回数が増えるので大変ですが、それでも排卵に至るのであれば、通院は仕方ないとは思います。

強力なので、あまりの連続使用は出来ません。また、卵胞が複数個育つので、多胎児の確率が20~30%と確実にあがります。

まあ、卵胞がたくさん育つわけですから、多胎児の確率が上がるのも当然ですよね。多胎児は、「双子ちゃんならOK」という方もいらっしゃるみたいですが、それでも単体の妊娠よりも、リスクは10倍に跳ね上がります。受け入れる病院も限られる場合がありますしね。また、ほとんどのばあい帝王切開ですし…

ですので、多胎児は出来るだけ避けた方がよいのです。

話がそれてしまいましたが、FMG注射の投与にあたっては、医師の指示に従い、分からない事はどんどん聞いて下さいね。少しでも「調子が悪いな」と思ったら、医師にきちんと伝えてみて下さい。

関連記事:FMG注射かFSH注射か?それぞれの違いについて

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓