内服薬と注射での排卵誘発法

排卵誘発法は、内服薬か注射か…という訳ではなく、ミックスして使われる場合もあります。

例えばクロミッドを、生理開始5日目から5日間、1日1錠内服してもの内服して卵胞が育たなかった→2錠に増やしても同じ→クロミッドとFSH注射を併用する、またはFSH注射のみに切り替えるといった感じです。

タイミング療法人工受精において、最初から注射が選択されるケースはあまりありません。それはやはり、副作用の心配があるからでしょう。

内服薬は、内膜が薄くなったり頸管粘液の分泌が少なくなったりという副作用はあるものの、少しの間服用を中止すればすぐに元通りになります。つまり、そんなに重い副作用ではないという事です。

しかし、注射の副作用で卵巣刺激過剰症候群になってしまったりすると、元に戻るまでに時間がかかってしまう場合があります。また、副作用に伴う痛みも、注射の場合は内服薬の比ではありません。また、多胎妊娠の確率も格段にアップしますので、医師としても慎重にならざるを得ないのでしょう。

体外受精では注射による排卵誘発法が主流

体外受精の場合は、採卵出来たものの受精しなかった、また受精しても分割がうまくいかなかった、胚盤胞までの分割を望んでいたのに出来なかった…という場合を考えて、たくさんの卵子を必要とする為、最初から注射による排卵誘発が選択されるのです。

体外受精では、注射による排卵誘発法が主流ですが、やはり注射は、内服薬に比べて卵巣を疲れさせてしまいます。

最近では、体外受精でも、負担の少ない採卵法を実施している医療機関がありますよね。また、最初から自然採卵にこだわっていた病院もあります。これは、やはり注射による排卵誘発はそれ相応のリスクがあるからなのでしょう。

過度に刺激を受け続けると卵巣が疲れてしまう

何でもそうですが、過度に刺激を受け続けると、疲れてしまいますよね。人間でもそうですし、動物もそう、植物だって同じです。卵巣にも全く同じ事が言えると思います。

卵巣の刺激は、後から必ずやってくる更年期障害にも影響が出ると言われていますよね。ですので、採卵や培養、また移植の技術が高い病院では、内服薬のみの低刺激採卵法や、全く薬を使わない完全自然採卵法を行っている病院も増えてきています。

しかし、これは体外受精に限った事です。タイミング療法や人工受精では、注射をしないと排卵しない場合もありますし、また内服薬の使用によって内膜が薄くなってしまった場合に、注射に切り替えるなどの処置が取られます。

自然な方法で妊娠出来るのなら、誰だってその方がいいに決まっています。しかし、まずは排卵しないとどうにもならないので、そのために自分に合った排卵誘発法を医師と共に探っていく…この姿勢が大切なんじゃないかなと感じます。

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓