HCG注射は卵巣に負担をかけてしまう

最近、HCG注射をする病院が減ってきている様な気がします。まあ、まだまだ多用している医療機関はたくさんありますが、使用に慎重になっていると言った方がいいかも知れません。

卵巣に直接働きかける注射は、HCGに限らず、卵巣を疲れさせてしまうものです。昔はよく「FMG-HCG療法」と言って、FMG注射をして卵胞をたくさん育てた後、HCG注射をして確実に排卵を起こさせる…という治療がよく行われていたそうです。昔といってもほんの最近ですけどね。

しかし、こういった治療は、卵巣に大きな負担をかけます。体外受精では、その治療内容から、たくさんの卵子が必要な場合が多い為、仕方ない部分はあると思いますが、タイミング療法や人工受精でFMG-HCG療法をするのは結構きつい感じがします。

勿論、FMG注射でなければ、中々排卵しない方もいらっしゃるので、必ずしも間違った治療法ではないのですが、普通に排卵出来る方に対してもFMG-HCG療法をする方が未だにいらっしゃるのは、少し違うような気がします。それもずっと続けているのなら、考えものだと思います。

卵巣のダメージの後遺症は結構あると思います。排卵が遅くなった、早くなった、最悪の場合排卵しなくなった…というケースも聞いたことがあります。注射での治療は、休みながら続けられるのが良いと私は思います。

■関連記事

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓