プレマリンについて

「プレマリン」は、卵胞ホルモン剤です。

婦人科でよく使用される薬の一つで、多くは更年期障害の軽減に用いられます。更年期障害は、卵胞ホルモンの急速な低下によってもたらされる、様々な不快症状で、卵胞ホルモンを少量補うことにより、症状が軽減されると言われています。

不妊治療の現場では、排卵前に(正しくは排卵1~2日前)服用する事により、子宮内膜を厚くしたり、頸管粘液の分泌を多くしたりします。ですので、クロミッドなどの服用による、副作用対策に用いられる事も多いです。

服用時期には注意が必要

プレマリンは服用時期を間違えると、作用が全く逆になってしまいます。例えば、排卵後や、あまりに早い低温期で服用してしまうと、子宮内膜が厚くなるどころか、薄くなってしまったり、頸管粘液の分泌が少なくなってしまうのです。

プレマリンは様々な目的に使用出来る薬ですが、治療目的に合わせて服用時期を選択しないと、大変なことになります。ですので、医師の指示をきちんと守ってくださいね。

上記の効果の他にも、黄体ホルモン剤と組み合わせる事で、カウフマン療法の時にも使用されたりします。

私もこの薬を服用したことがありますが、内膜が12mmになり、頸管粘液もかなり増えました。自分に合っていたのだと思います。

プレマリンの副作用

プレマリンはホルモン剤ですので、副作用も人によって強弱があります。

よくみられる副作用が、乳房の張りや痛みです。エストロゲンが増えている訳ですから、これは当然といえば当然かも知れません。また、不正出血や吐き気、嘔吐などもみられます。重い方は重いので、その時は別の卵胞ホルモン剤に変更されます。

また、ホルモンの増加に伴い、食欲が増して結果太ってしまったり、むくみが出やすくなったりします。

服用禁忌は特にないみたいですが、長期の服用により、乳がんの発症率が増加するという報告もあります。卵胞ホルモン剤なので、やはりリスクはあるという事なのですね。この辺りの事も含めて、医師ときちんと相談されてから服用するのが大切だと思います。

また、乳がんや子宮がんの方、またはその既往歴がある方は服用に注意が必要となります。この辺りも、他の女性ホルモン剤と同じですね。症状を悪化させてしまったり、再発の危険性が高まったりするのです。

この薬は、用法さえ守れば比較的重い副作用はありません。しかし、血栓症の方は注意が必要です。プレマリンは、血液が固まりやすくなるので、血栓症の方が服用すると、血液がさらに固まりやすくなってしまう恐れがあるのです。

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓