プラノバールについて

プラノバールは女性ホルモンを補う薬です。女性ホルモン主にエストロゲンとプロゲステロンのことで、プラノバールはこの2つのホルモンの配合薬となっています。

不妊治療の現場では、黄体ホルモン補充に使用されたり、無排卵状態を作り、卵巣を休ませる為にも使われたりします。また、「カウフマン療法」などにはよく用いられると思います。

プラノバールは一般の婦人科でもよく用いられる薬で、女性ホルモンの不足やバランスの崩れで起こる、色々な症状の改善をします。生理不順や無月経、不正出血、生理痛の緩和、PMS、子宮内膜症、さらには生理日の変更などにも応用出来るのです。

女性の万能薬のような薬

プラノバールは正に「女性の万能薬」のような薬で、用法は多岐に渡るのです。

生理不順や、無月経の場合には、月経のリズムを取り戻すのに使用されます。まず、一定期間服用して、子宮内膜を増やして維持させます。次に服用を中止し、生理を起こさせます(正しくは消退出血)。必要ならば繰り返して使用します。

プラノバールは生理痛やPMS、子宮内膜症による痛みが酷い時にも使用されます。無排卵状態を作り出すことが出来るので、排卵が抑えられ、結果生理も来ないので、生理痛やPMSとはほぼ無縁の状態に出来る訳です。また、排卵を抑えることにより、卵巣も休ませることが出来ます。

黄体機能不全の治療にも使用される

プラノバールは、黄体機能不全の治療にも使用されます。プロゲステロンとエストロゲン、両方が含まれていますので、クロミッドなどの排卵誘発剤の投与により、子宮内膜が薄くなってしまった場合や、高温期が不安定な場合に選択されます。

黄体機能不全の治療目的で使用すると、基礎体温の上昇効果が認められます。また、元々高温期が短い方の場合は、高温期が長くなる傾向があります。

また、プラノバールはしばしば、経口避妊薬としても用いられます。いわゆる「ピル」と同じ効果がありますが、最近では低用量のピルが一般的になっています。

プラノバールは適切な時期に、適切な量を服用すれば、月経周期もきれいに整うかも知れませんし、黄体ホルモンも十分に補充されます。

プラノバールの副作用

プラノバールの副作用としては、吐き気や嘔吐、乳房の張りや痛み、不正出血などです。ただ、服用に慣れてくると副作用が出にくくなる方が多いようです。

他には、ホルモンの作用による食欲の増減や下痢、便秘、腹痛、おりものが多くなる、むくみ、肌荒れ、頭痛、眠気、だるい、発疹などがあります。特に、何らかのアレルギーがある方は、プラノバールの服用によって、発疹が出てくる場合がありますので、事前に医師に伝えてくださいね。

プラノバールの服用に適さない人

プラノバールを服用するのに適さない方は、乳がんや子宮がん、血栓関係の病気がある方です。乳がんや子宮がんは、既往歴のある方も要注意です。プラノバールは、女性ホルモンを補充する薬なので、服用する事によって乳がんなどが再発してしまう可能性があるからです。

また、プラノバールは妊娠中も禁忌ですので、服用中は、必ず基礎体温をつけるか、卵胞チェックは必須です。

また、薬ですので、当然飲み合わせや食べ合わせに注意が必要な場合があります。

飲み合わせや食べ合わせ

飲み合わせによって、プラノバールの作用が弱まってしまう薬は、結核の薬のリファジン、てんかんの薬のフェノバールやヒダントール、アレビアチン、テグレトールなどです。てんかんの持病と闘いながら、不妊治療をされている方もいらっしゃると思いますので、服用している薬はきちんと医師に伝えましょう。

また逆に、プラノバールの作用が増強される薬剤は、ジフルカンやブイフェンド、解熱剤のアセトアミノフェンなどがあります。

併用薬の作用が弱まってしまう薬は、血糖値を下げる薬やスプレキュア、解熱剤などです。

逆に、併用薬の作用が強まってしまう薬は、各種副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤、パーキンソン病の薬、喘息の薬のテオドール、胃炎や胃潰瘍の薬のオメプラールなどがあげられます。

意外なところで飲み合わせが悪い場合があります。よく確認されて下さいね。

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓