ルテジオンについて

「ルテジオン」は、プラノバールビホープAと同じく、中容量ピルの仲間です。こちらも製薬会社の違いはありますが、基本的には効果は同じになります。

エストロゲンとプロゲステロンの混合薬で、主に生理不順や無月経、子宮内膜症に伴う痛みの緩和、生理痛やPMSの緩和などに使用されます。また、月経周期の変更も可能です。排卵誘発前に、卵巣を休ませる場合にも使用されます。不妊治療の現場でも上記の目的で使用される事が多いようです。

ビホープAと同じで、黄体ホルモン補充の目的で使用される事はあまりないようですね。

どの中用量ピルでも同じですが、目的によって服薬のタイミングや量は違ってきます。例えば、避妊を目的なのであれば、月経開始から5日目より3週間連続投与します。また、生理を遅らせたいのであれば、月経予定日の3日前から希望延長まで、1日1錠を連続投与します。

女性ホルモンの混合薬なので、月経周期に合わせて服用すれば、治療の効果があります。

ルテジオンを服用する事が出来ない方は、他の中容量ピルと同じく、乳がんや子宮がんの方、またはその既往歴がある方、疑いのある方、血栓が出来やすい方、妊娠中の方などです。副作用も、発疹が出やすくなるなど同じような作用が出やすくなっています。

「不妊治療に使用される薬・注射の効果と副作用」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓