各リンパ節の重要な役割

リンパ節は800箇所ほどあると書かせて頂きましたが、その中でも特に重要な「主要リンパ節」という箇所があります。要するに、たくさんのリンパ節が集まっている部位なのです。

まずは頸部リンパ節です。これは首の付け根や顎にあたります。ここには約300以上ものリンパ節があるのです。ここが滞ってしまうと肩凝り、頭痛、自律神経の乱れ、二十顎の原因にもなるのだそう!

次に鎖骨リンパ節です。全てのリンパがここに合流しています。老廃物の最終出口地点があると言われています。ここが滞ると、慢性的な肩凝り、肌のトラブル、老化、倦怠感などが起こります。

次は脇の下のリンパ節です。ここが滞ると、二の腕のたるめや肩こりを起こしやすくなります。

次に腹部リンパ節です。ここは妊娠にとって大切な、子宮や腸の働きが弱まり、便秘や生理不順、子宮や卵巣の病気も引き起こしてしまうのだそうです。

鼠径リンパ節は足の付け根にあります。ここが滞ると、下半身が太くなりむくんだり、生理痛が酷くなったりします。

最後に膝窩リンパ節です。ここが滞ると、ひざの痛みやむくみ、冷えの原因になります。重度になると、血管やリンパが腫れて静脈瘤になります。「第二の心臓」と言われるほど大切なリンパ節です。

こうやってみると、リンパがいかに重要なのかが分かります。どこか一部のリンパが滞っていてもダメです。リンパは体中で繋がっているので、どこかひとつでも滞っていると、他のリンパの流れも悪くなってしまうのです。

リンパマッサージは自分でも出来ますが、まずはプロの方にマッサージして頂く方がいいと思います☆

 

「整体やマッサージ、鍼灸の効果」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓