鍼灸について ~鍼~

鍼灸とは俗にいう針治療と、お灸の両方の事を言います。まずは針治療のお話からさせて頂きますね。

私の友人に鍼灸師がいます。以前ぎっくり腰になった時に、施術してもらいましたが、効いていると言えば効いているかなぁといった感じでした。ただ、針をしてもらったのですが、気持ち良かった事は確かです。

不妊治療における鍼灸は、主に下腹部や足を温めたり、つぼに針を施す治療が行われるようです。

鍼は、極めて細いステンレス製の針をつぼに刺入します。痛みは全くありません。ツボに刺した針は、一定の刺激を与えすぐに抜く方法と、10~15分間置いておく場合があります。

現在では鍼の消毒も徹底されたおり、鍼は全て使い捨てです。

つぼの刺激ですが、場所は人によって微妙に違うようです。なので、まずはプロの方に自分のつぼを見て頂くのがいいと思います。つぼでない場所に刺すと…当然効き目はないし痛い場合もあります。

つぼを刺激する事によって、妊娠する為の臓器(子宮、卵巣など)に働きかけます。それによって、妊娠体質に近づく事が出来るのです。

まあ、つぼを刺激したからといって妊娠しやすくなるという根拠はないのですが、「もしかすると効くかも」ぐらいに思っておいた方がいいかなと思います。

 

 

 

 

 

「整体やマッサージ、鍼灸の効果」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓