中々妊娠出来なくても焦らないで

妊娠しやすい体質になる為には、心の持ち方も重要になってきます。いつも何かにイライラしたり、怒りっぽかったり、また極度な不安を抱えていたりすると、妊娠は遠ざかっていくと思います。赤ちゃんを待っている状態は、出来るだけ心が安定している方がいいのです。

では、心を安定させる為にはどうすればいいのでしょうか?

まず、赤ちゃんが出来ない状態を悪い事と思わない事です。過度に「病気なんじゃないか」とか「見えない原因があるのではないか」と思ってしまう気持ちはよく分かります。特に不妊期間が長いほどそう思ってしまいますよね。

でも、焦りは禁物です。焦る気持ちは痛いほど分かります。でも、焦ってもどうにもならない時もあります。やるだけの事はやって、結果が出ない時は、焦らず自然に任せてみるのもありだと思います。ステップダウンする事で妊娠する場合もあるんです。

むやみに薬を使い続けると、卵巣が疲れてしまいます。また、薬は使いすぎると卵巣の老化を招きます。身体を酷使し続けて、休みなしだと倒れてしまいますよね。それと同じだと思います。

妊娠について、疲れたなぁと思ったら是非妊娠の事は忘れましょう。そうする事で、心も回復しまた頑張ろうという気持ちが出てきます。

 

「妊娠を呼び込む心のもち方」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓