時には大自然の声にも耳を傾けて

赤ちゃん待ちの時期は、出来るだけ「自然の事象を感じること」に気持ちを向けるといいと思います。何故なら、自然が与える事象こそ、人間が生まれた時から持っている感覚だからです。

例えば、赤ちゃんは「匂い」を頼りにお母さんを探すと言われています。目があんまり見えないからです。それと、「音」も生まれた時から聞き分ける事が出来ます。そして成長するにしたがって「視覚」が発達し色々な情報が入ってきます。

自然の事象は主に、「音楽」や「大自然の匂い、景色、音」が挙げられます。小さな子どもは音楽や自然が大好きです。これは、人間が心から喜びを感じる事が出来るものだからではないでしょうか?私達も、音楽を聴くと心が弾んだり、悲しくなったり元気が出てきたりしましますよね。また、川のせせらぎや、小鳥の鳴き声、木々のざわめきなんかの音を聞いたり、空気の匂いを感じたりすると、心から癒されるというか、心地よい感覚になると思います。

妊娠する心構えというよりは、心のエッセンスともいうべきでしょうか。こういった「自然が与えてくれる恩恵」を感じる事によって、人間の本能的な部分が癒されたりするものだと私は感じています。

大自然の中に行ったからと言って、必ず妊娠する訳ではありませんが、心は絶対に癒されます。何だか心が洗われた感じになると思います。もし疲れてしまったら、このような大自然の世界に耳を傾けるのもいいかなと思います。

「妊娠を呼び込む心のもち方」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓