不妊治療のデメリットは薬の副作用と精神的なストレス

不妊治療にも、デメリットはもちろんあります。

まずひとつは、不妊治療をしていると、不妊期間が長くなるにつれて、「不妊治療による不妊」に陥りやすいということです。

どういうことかと言いますと、不妊期間が長くなるとだらだらと続けてしまうのです。「ここで止めたら妊娠出来なくなるかも…」「今周期こそ妊娠出来るかも」という思いがあるので、中々「不妊治療を休む」という事が出来なくなってしまうのです。

また、知らず知らずの内に、不妊治療のストレスが溜まってしまっています。「不妊治療は先が見えない」とよく言われますが、これは本当にその通りなのです。

前にも書かせて頂きましたが、不妊治療をしたからといって、必ずしも妊娠出来るわけではありません。それに、不妊治療は、ステップアップすればするほど高額になるという特徴があります。もし、高額な治療費を払って治療しても結果が出なかったら、かなり落胆してしまいますよね…結果論とは言え、かなりきついです。

薬の副作用と、精神的なストレスが不妊治療のデメリット

不妊治療は知らず知らずのうちに、身体的にも精神的にも大変なストレスがかかっているものです。気が付いたら薬の副作用で、内膜が薄くなってしまっていた、生理の量が極端に少なくなってしまった、順調だった排卵が急に早まったり、遅くなったりと、周期が乱れてきた、卵巣が腫れてしまった、お腹に水が溜まってしまっていた…薬の副作用は実に多岐に渡るのです。

薬の副作用と、精神的なストレスが不妊治療のデメリットと言えると思います。

不妊治療の現場は、一般的に患者さんが多い為に、流れ作業になりがちだと思います。勿論、時間をかけて診察をして下さる医師はいらっしゃいますが、診察時間は殆どないという方が多いのではないでしょうか。

これは、悪い事ではないと思うのです。ある意味、仕方ないと思います。患者さんが多いと、必然的に診察時間は短くなってしまうと思います。ですので、患者さんの方から、時間の許す限り質問をすることが大切だと思います。

また、今の病院に対して不満があるのなら、転院をするのも大切だと思います。特に、高度不妊治療での不安があるのならなおさらです。高度不妊治療は、高額なである為、病院選びが大切であると書かせて頂いております。

患者側も、消費者の意識を持って病院を選ぶ事が、不妊治療のデメリットを少しでも減らすことに繋がると思います。

「不妊治療のメリット・デメリット」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓