腹腔鏡検査について2 腹腔鏡検査は体外受精の前に行われるもの?

私は今まで、腹腔鏡検査は、体外受精の前に行われるものだと思っていました。タイミング療法や人工受精を経て、それでも妊娠の兆候がなかった場合、最終的に受ける検査だとも思っていたのです。

しかし、この認識は、病院によって本当に違うんだなと改めて思いました。

腹腔鏡検査を、自分の病院にて実施している病院では、不妊治療の早い段階から、積極的に腹腔鏡検査を勧めているそうです(ちなみに私の病院では、勧められることはありませんでした。検査自体行われていませんでしたので)。

たしかに、子宮内にポリープがある場合、小さなものだと子宮卵管造影検査では分かりません。もっと言うと、子宮卵管造影検査は、子宮と卵管に造影剤を流し込んで、レントゲン撮影をし、その「影」を映して診断しているに過ぎません。なので、卵管の中はある程度分かっても、卵管の外までは分からないのです。もし、卵管の外に癒着があった場合、最悪の場合、卵子のピックアップを邪魔している可能性もあります。これではいくらタイミング療法や人工受精を重ねたって、妊娠出来る確率は低くなるでしょう。

この様な小さな異常を早期に発見する為にも、腹腔鏡検査は有効な検査だと思います。

腹腔鏡検査について関連記事

「腹腔鏡手術、子宮鏡手術について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓