子宮鏡検査について1 子宮鏡検査のメリットと腹腔鏡検査との違い

不妊治療をされている方であれば、子宮鏡検査という言葉を聞いたことがあるかと思います。

子宮鏡検査は、子宮の内腔を直接見る事の出来る検査で、超音波検査でも見つける事の出来ない小さなポリープなどを発見出来るものです。小さなポリープならば、その場で取り除くことも可能なのです。

子宮鏡検査と腹腔鏡検査の違いとメリット

子宮鏡検査は腹腔鏡検査とは違い、子宮の内腔だけを見る検査なので卵管の周りの癒着などは分かりませんが、体外受精などで着床出来なかった場合などに検査する場合もあります。もし着床する場所にポリープがあった場合、それが邪魔で受精卵が着床出来ない事もあるからです。

子宮鏡検査の最大のメリットは、入院なしの外来のみで検査が出来る点です。腹腔鏡検査となると入院が必要なので、若干面倒なイメージですが、外来で終わるというのは結構ポイントが高いですよね。お仕事をされていて、忙しい方などには有難い話ですよね。

検査方法と時間

検査の方法としては、直径3ミリのファイバースコープを子宮口から子宮腔内に入れ、水を注入して内部を観察します。ものの数分で終了しますので、気が楽ですよね。

子宮鏡検査を行う時期は、子宮卵管造影検査と同じで、生理終了直後です。

本当に簡単に行える検査で、費用もそんなに高くないので、一度検査されてみるのも一つですよね。

子宮鏡検査について関連記事

「腹腔鏡手術、子宮鏡手術について」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓