東洋医学は治療のエビデンスがない

東洋医学は昔の人の叡智の結晶ともいえます。

現代でも受け継がれているという事は、やはり無視できない医学だからでしょう。…しかし、治療法として確立しているといえば…はっきり言って確立はされていません。というか確立のしようがないのです。

そもそも治療法というのは、その治療が有効だというエビデンス(根拠)を示さなければなりません。エビデンスがあって始めて、これは有効な治療だと言える訳なのです

この観点からいくと、東洋医学はまったくエビデンスがないのです。「この部分が悪いからこのような症状が出る」という至極曖昧なものです。これは、ある意味仕方ないと言えます。元々は五行や自然から来た医学なんですから…昔の人が、病院や薬や抗体もない時代に知恵を絞って出した「人体の作り」なのであって、治療法でもなんでもないのです。エビデンスがないから、エビデンスを提示する必要もない、提示しようがないのです。

冷たい言い方ですが、これは事実です。前に腎虚の症状が私にあてはまると書かせて頂きましたが、ただ当てはまるだけです。で、腎虚を改善する方法を取ったとして、「腎虚が良くなったよ!」という根拠も全くないんです。

繰り返しますが、東洋医学は人間の自然治癒力を主とした医学です。不妊治療でもそうですが、東洋医学だけではどうしようもない事もあるんです。

「不妊治療における東洋医学」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓