パートナーを尊重する気持ち

不妊治療をして変わった事はまだあります。

変わったというか気づく事が出来たと言うか…

それは主人を思いやる気持ちです。

今まで私は、あまり主人の事を思いやっていなかったのかも知れません。というのも、結婚してすぐ妊娠して出産、育児…何だか怒涛の様に過ぎて行ったのです。ずっと自分自分ばかりで、主人の事は二の次でした。育児があまりにもしんどくて「もっと手伝ってよ!」と怒った事もあります。主人は手伝ってくれていたのに…

でも、二人目が中々出来なく、不妊治療を始めてからは、主人に対する考えが変わりました。

最初、主人は治療には反対だったのです。でも、私が毎月リセットしては落ち込んだり、通院をしている姿を見てくれて、徐々に理解を示してくれる様になりました。
でも何回か喧嘩もしました。精液検査をする時は「そんなの必要ない」と言われ喧嘩になり、人工受精にステップアップすると言った時は「自然じゃないみたいで嫌」と言われ喧嘩…

今まで喧嘩なんてした事なかったのですが、ぶつかる事でこんな一面もあったんだと分かりました。

不妊治療は夫婦のずれがあったら、中々難しいと思います。でも、男性は、女性の体の事や気持ちは、伝えないと永遠に分からないんです。

不妊治療を通して、夫婦で冷静に話す事、主人の新しい一面を知る事が出来たと思っています。

「不妊治療の先にあるもの」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓