不妊治療であってはならない事

数年前に、ある不妊治療病院の医師が信じられない発言をしました。

「もしかしたら精子を取り違えたかも知れません」

私は絶句しました。体外受精でめでたく授かった赤ちゃん。受精させる前に確認を怠った為、パートナーとは違う男性の精子を受精し移植した…絶対あってはならない事。

しかも、記者の質問に対しての、不妊治療専門医として考えられない言葉の数々…

被害者の心中を考えると、腸が煮えくり返る思いです。

人工受精や体外受精では、精子の確認は何人かで行っているんじゃなかったんですか?処置の前に、精子の確認と、女性の名前の確認をするんじゃないんですか?

そんな疑問を投げ掛けたくなりますよね。

海外でも人工受精において、信じられない事件を見ました(内容は割愛します)。

これから不妊治療が広まっていくにあたって、人工受精や体外受精を選択する方はもっと増えていくでしょう。

この問題は決して他人事ではないんです。自分が同じ被害に合わないとは限らない…危機感は必要だと思います。

未然に防ぐ方法は、やはり病院側の徹底した確認ですが、人工受精や体外受精をする前に、「この精子が旦那様のものですよ」と患者にも分かるように見せる方法があれば、被害は少なくなるのかなと思います。

どうかどうか、こんな間違いが二度とおこらない様に願います。

「不妊治療の先にあるもの」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓