妊娠しても周りへの気遣いを忘れないで…

不妊治療の先にあるものって何なんでしょう?

勿論、最終目標は妊娠する事であるし妊娠したら終わりなんですが…何だかそれだけではない様な気がします。

不妊治療の末に妊娠された方から私はこんな事を言われた事があります。「妊娠しても不妊治療していた事は忘れられない、忘れたらいけないと思う。だって〇〇(←私)も含めて不妊治療を頑張っている人はいっぱいいるもんね。」

彼女が何を言いたかったのかというと、妊娠したら割と不妊治療時代の事は忘れてしまう方がいるんだそうです。治療中の心づもりを忘れるというんでしょうか。

治療中は、同じく不妊治療中の方に対して言動には気を使いますよね。ちょっとした事が傷つく原因になってしまう事を、自分もよく知っているからです。

しかし、めでたく妊娠した途端、嬉しさのあまりその気遣いを忘れてしまうのです。頭の中はもう妊娠した事でいっぱい。

気持ちは分かります。

でも、もしかしたら自分の周りにこの瞬間も不妊に苦しんでいる方がいらっしゃるかも知れない。リセットしたばかりで落ち込んでいるかも知れない。もしかしたら化学的流産になってしまったかも知れない。

自分の周りに赤ちゃん待ちの方がいたら、もし自分が妊娠した場合、それなりに気を遣わなくてはいけないなと思います。

「不妊治療の先にあるもの」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓