後の自分に後悔のない選択を

不妊治療を止める決断をされた方が私のお友達にいらっしゃいます。

まだ40歳なんですが、二人目不妊で頑張って治療していました。

ある時に「もう止めよう」とふっと思ったそうです。

体外受精を2回されたのですが、残念ながら流産してしまい、その後は自分達のタイミングで頑張っていました。

「もう疲れちゃった。でもやりきった感はあるから後悔はない。」と言っていました。

私はまだまだ諦める事は出来ないですけど、もし諦めるとなった時に、彼女みたいに後悔してないときっぱり言い切れるのかなと痛感しました。

やっぱり今自分が出来る事を精一杯やるしかないですよね。

私は今は治療をお休みしていますが、もし再開するとなれば、体外受精を選択するかも知れません…でも、主人は体外受精に反対です。

でも、体外受精をやらずに後悔するよりは、やって後悔した方が全然ましだなと思ったので、時期が来たら主人に切り出すつもりでいます。

不妊治療は先が見えませんよね。よく「出口のないトンネルの中にいるみたい」と揶揄されますが、その気持ち…よく分かります。

でも10年後の自分に対して後悔のない選択をしたいですよね。その為には、今の治療なり休む事なりを一生懸命やるしかないと思います!

「不妊治療の先にあるもの」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓