不妊治療の終わりは一つのゴール

「不妊治療中は、まだスタートに立ってもいない」と言われた事があります。

果たしてそうなのでしょうか?確かに、妊娠、出産、育児という長い長い道のりから見ると、そうなのかも知れません。

でも、不妊治療をしている時点ですでにスタートには立っていると私は思います。だって子どもが欲しいと思っているんですから…

ですから、妊娠して始めてスタートラインに立つのではなく、妊娠して一つの終わりを迎えるんです。

不妊治療という様々な辛い思いをしてやっと授かった命…これまでたくさん頑張ってきた、たくさん悩んだ、体にも辛い思いをさせたし、パートナーにもたくさん助けて貰った、何より自分が一番頑張った…

この道のり、経験を何もなかったかの様に言う方は、思いやりがないなと思います。不妊治療を始めた時点で(子どもを望んだ時点で)スタートラインに立ち、めでたく妊娠し、或いは残念ながら諦めるとなった場合はゴールなんです。

いずれの形のゴールも、今までの不妊治療生活とは変わり、新しい生活が待っています。

ですので、「不妊治療は赤ちゃんを迎える準備期間」とよく理解し、子どもが出来ないから治療するのではく、子どもを作る為に治療するという考えで治療に臨んでいきたいですね。

「不妊治療の先にあるもの」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓