女性の年齢と卵子の質の関係は、意外と知られていない!?

妊娠の仕組みって、皆さん知っているようであまり知らないと思います。

最近の不妊治療専門病院では、DVDなどを貸出し、妊娠の仕組みについて1から教えるところが多いようですね。妊娠の仕組みといえば、小学生や中学生の時に学校で習ったはず…でも意外と忘れてしまっているんですよね。

私は今30代半ばですが、妊娠の仕組みは確か小学校から習った覚えがあります。でもそこでは「卵子の質は年齢とともに低下する」や、「女性は年齢が高くなるにつれて妊娠しにくくなる」とは習った覚えがないのです。私が覚えていないだけですかね?今は習っているのでしょうか?

これって結構大事な事だと思うんです。妊娠の仕組みも勿論大切なのですが、仕組みだけ知っていても肝心な「卵子と年齢の関係」のことを知らないと、いざ妊娠の事を考える年齢になった時、自分の年齢が高いと妊娠しにくい事に気づかない方もいらっしゃると思います。

あの有名な野田聖子さんでさえ「子作りをすれば妊娠なんてすぐ出来ると思っていた」と語っていらっしゃいます。あんな知的な方でさえ、女性の年齢と卵子の質の関係について詳しく知らなかったのはびっくりしました。

これは、義務教育できちんと習うべきだと思います。特に、女性の社会進出によって結婚の年齢が遅くなってきているのは確かなので、この事は妊娠において知っておかなくてはいけないことだと思うのです。

「妊娠の仕組みを知る事の大切さ」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア


↓↓↓ブログランキング参加中です。応援お願いします♪

   にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ


広告  妊娠することばかり考えて「大事なこと」を忘れていませんか?
↓タイミング法の妊娠率を高める「夫婦の営み習慣」↓